1. 家庭菜園にも精密農業・自動化ロボットを導入。ファームボットが農業オープンソース「ジェネシス」をリリース

    2016/7/11

    北米市場

    家庭菜園にも精密農業・自動化ロボットを導入。ファームボッ…

  2. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展

    2016/7/29

    アジア・オセアニア

    韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産…

  3. 米国におけるファーストフード・チェーンの生き残り戦略。植物工場による自社生産・娯楽型農業による地域活性化

    2016/7/20

    北米市場

    米国におけるファーストフード・チェーンの生き残り戦略。植…

  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進

    2016/7/6

    環境都市開発

    NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペー…

最近の記事

弊社による調査結果・レポート

植物工場過去の記事

オリンピア照明が植物工場キット「灯菜」の照明シリーズを新発売

2016/7/30

オリンピア照明が植物工場キット「灯菜」の照明シリーズを新発売

 オリンピア照明株式会社が、部屋の中で花や緑を照明でライトアップする家庭用小型植物工場「灯…

ビジネス・経営動向過去の記事

コメリとTWG社が業務提携して農機具などの延長保証サービスを全国で提供

2016/7/29

コメリとTWG社が業務提携して農機具などの延長保証サービスを全国で提供…

 延長保証サービスを手掛けるThe Warranty Groupの日本におけるグループ会社…

弊社によるピックアップ・注目記事

海外市場過去の記事

韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展

2016/7/29

韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・…

 ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社…

過去のピックアップ記事

  1. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  2. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  3. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…

無料会員(ログインステータス)

You are not logged in.
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る