植物工場におけるバジルの比較栽培実験&プラント設計における注意点

植物工場バジルの光量と収穫量に関する実験

弊社のテストラボ(植物工場)にて、バジル栽培について簡単な実験を行いました。リーフレタス栽培と同じように、弊社オリジナル光源(商品紹介ページ)を採用し、光量のみ異なる環境で比較栽培した結果です。

(左)【100μmol】(右)【130μmol】となり、光源から35cm直下の栽培パネルにおける光量を測定しております。

植物工場でのバジル栽培実験。必要となる光量は?植物工場におけるバジルの比較栽培実験&プラント設計における注意点
植物工場向け LED光源の導入費用 ~コスト分析~」でも解説した通り、リーフレタスの場合は、照明と栽培パネルとの距離: 約25cm にて設定することが一般的です。

しかし、バジルの場合は上に伸びる性質があるため、栽培棚1段あたりの間隔も広く確保する必要があり、今回は「照明と栽培パネルとの距離: 約35cm」にて光量を測定しております

【栽培結果】

  • 光量以外の養液環境や栽培室内の温度・湿度などは同条件にて栽培
  • 光量が20%減になると、収量も16%減という結果に
  • 植物工場プラントを設計する際、総合的な施設管理に目を向け、現場ニーズを反映した設計デザインが組み込まれているか、という視点も重要

植物工場プラントを設計する際、事前に商品規格を明確化し、設計デザインに反映させることが重要

今回のバジル比較実験では、光量が弱すぎると収量も減少し(光量が20%減になると、収量も16%減)、全体的に葉が小さく、光を求めて茎だけが上に伸びていくような形となりました。

植物工場プラントを設計する際、栽培品目(レタス、バジル)によって最適な栽培環境が異なりますので、事前の市場調査などを通じて「どういった野菜を、どのくらいのサイズ」で生産・収穫するのかを明確にする必要があります

レタス栽培を想定した設計プラントで、途中から栽培品目をバジルに切り替えようとすると、理想環境ではないために無理が生じ、本来の収穫量より減少してしまいますこうした稼働後の品目切り替えは、多くの植物工場(特に小~中規模サイズ)にて見受けられます


また、小売スーパーへの販売のため、リーフレタス1株70~80gを想定した設備で稼働後、業務用として1株100g以上のリーフレタスを栽培しようとすると、以下のような問題に直面します。

  • レタス同士の株間が狭く、成長スペースが不足している
  • 1段あたりの栽培棚スペースが小さく、野菜が照明に付着・葉焼けが発生

植物工場でのバジル栽培実験。必要となる光量は?

小売向けとして「80-90g」フリルレタスで株間や棚間(栽培棚1段あたりの高さ)を設計

➡ 「100-120g」の業務用として販売するため、大きくしようとしても、スペースが不足。大きく成長させると、照明に葉が付着して「葉焼け」が発生。葉焼けした野菜は、商品として販売できなくなる。
葉焼けした野菜は商品として販売できず、廃棄することになります。このような問題を避けるためにも、事前に市場・ニーズ調査を行い、ある程度は「栽培品目・重量サイズ」などの規格を明確にし、植物工場プラントの設計デザインに反映させることが重要です


↓ 残りの記事は弊社の会社ウェブサイトに記載 ↓


水耕資材の販売|肥料 培地 種子

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。