回転式・植物工場のGoto Gro社、オーストラリアの野菜生産・卸売と合弁会社を設立

 カナダを拠点とする回転式・植物工場メーカーのGoto Gro社は、オーストラリアをはじめ東南アジアなどグローバルに、有機(オーガニック)や地産地消などの高品質野菜を生産・供給するFreshero社と合弁会社を設立する、と発表した。

具体的には、海外ビジネス展開のため、オーストラリアにある子会社「Goto Gro インターナショナル社」が契約窓口となる。

回転式・植物工場のGoto Gro社、オーストラリアの生鮮野菜の生産・卸売のFreshero社と合弁会社を設立
同社の植物工場は、中央部にLEDライトがあり、苗を植えている植物が回転しながら栽培する特殊な方式を採用
回転式・植物工場のGoto Gro社、オーストラリアの生鮮野菜の生産・卸売のFreshero社と合弁会社を設立
Freshero社は、オーストラリアなどを拠点にした高品質な野菜の生産・卸売サービスを行っており、東南アジアを含め大手スーパーやフードサービス企業と取引している。

同社では、高品質な生鮮野菜などは人口が集中する都市部に大きな需要がある、と判断。都市部近郊に、生産農場と流通センターを整備すれば、世界中で大きなビジネスが展開できる、と計画。

そこで、農地が無い狭いスペースでも、効率よく生産できる植物工場に注目。世界的に拡大する地産地消ビジネスへの参入を検討している。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。