ドイツのスーパーEdeka、インファーム社による店舗併設型の植物工場モデルを加速

 ドイツにてスーパーマーケットを展開するEdekaでは、インファーム社の設備を導入し、店舗併設型の植物工場モデルを加速させることを発表した。

ドイツのスーパーEdeka、インファーム社による店舗併設型の植物工場モデルを加速
インファーム社では、ドイツのミュンスター周辺にあるスーパー2店舗にて、店舗併設型の植物工場を導入して以来、ドイツの大手スーパーの「EDEKA」の他、「METRO」と提携し、スーパーの店舗や飲食店の厨房(バックヤード)など、現時点で、ベルリン市内50カ所以上に導入している、という。

ドイツのスーパーEdeka、インファーム社による店舗併設型の植物工場モデルを加速
「METRO」にある店舗併設型植物工場

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。