明治大 植物工場基盤技術研究センター主催のシンポジウムを10月27日に開催

 明治大学植物工場基盤技術研究センターは10月27日(日)に、これまで長きにわたりパートナーシップを組んできた企業3社(NTTファシリティーズ、大和ハウス工業、菱熱工業)と、「農業の未来」をテーマにしたシンポジウムを駿河台キャンパスにて開催する。


【趣旨】
農業は、これまでの農家による農産物生産に加えて、企業が事業として参入してくる例が多く見られるようになりました。特に、これまで農業に関わってこなかった「異業種」企業による参入の例が多くなってきています。

明治大学植物工場基盤技術研究センターは、2009年度、経済産業省「先進的植物工場施設整備事業」により設置され、その事業活動に、啓蒙活動・普及を進める使命があります。

明治大 植物工場基盤技術研究センター主催のシンポジウムを10月27日に開催明治大 植物工場基盤技術研究センター主催のシンポジウムを10月27日に開催
その使命のもと、これまで多くの企業と共同研究という形で農業参入への支援を行ってきました。このたび、現在共同研究契約を結んでいる企業とともに、その研究成果を広く還元することを目的とし、シンポジウムを開催いたします。

なぜ、異業種から農業参入を目指すのか、そして日本の農業の現状、スマート農業がこれからの日本の農業に与える効果など、農業の未来についてディスカッションをしたいと考えています。皆様のご参加、お待ちしております。


明治大学植物工場基盤技術研究センター主催 特別シンポジウム
「農業への企業参入による効果と未来」(イベント詳細PDF)

開催日時 2019年10月27日(日)13:00~15:00
会場 明治大学駿河台キャンパス
グローバルフロント1階 グローバルホール
JR中央線・総武線 「御茶ノ水駅」徒歩3分
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
受講料 無料
※どなたでもご参加いただけます。
※事前予約は不要です。当日直接会場にお越しください。参加者多数の場合は、先着順となります。
定員 200名
プログラム 【一部】 基調講演
「明治大学植物工場基盤技術研究センターの活動概要と意義」
講師:池田 敬
(明治大学植物工場基盤技術研究センター長、明治大学農学部教授)


【二部】 パネルディスカッション
「農業への企業参入による効果と未来」
(パネラー)
㈱NTTファシリティーズ 田中 徹 氏
大和ハウス工業㈱      大塚 貴雄 氏
菱熱工業㈱         岡安 晃一 氏
共催 ㈱NTTファシリティーズ
大和ハウス工業㈱
菱熱工業㈱
後援 千代田区

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。