トラスティッド・フレッシュネス社、植物工場にてカナダGAPを取得

 カナダのエドモントンにて、完全人工光型植物工場を運営するトラスティッド・フレッシュネス社は、取引先・購入者(消費者)への安全性をアピールするため、カナダGAPを取得する。

また同社の植物工場では、HACCPなどの食品製造の安全管理手法に準じて施設を運営しており、播種から収穫、流通まで全ての生産・流通工程にてトレーサビリティーを実現している。

[関連記事] 米国にて食中毒が発生、CDCでは全てのロメインレタスの廃棄を推奨

トラスティッド・フレッシュネス社、植物工場にてカナダGAPを取得トラスティッド・フレッシュネス社、植物工場にてカナダGAPを取得
同社は、コンピューターのソフトウェア開発、植物生物学、石油関連のエンジニアなど、幅広いバックグラウンド・技術を持った人が集結して運営している。

経営陣などのメンバーは、そのほとんどが60歳を超えており、経験豊富な人材ばかりだ。メンバーの中には、過去にアクアポニクス施設を運営していた人材もいる。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。