植物工場などのトレードグループ、持株会社制に移⾏。新たにアースサイドを設立

 植物工場による野菜の生産(スプレッド)、流通や物流、ブランド野菜事業などを手掛けるトレードグループは、グループ事業の成⻑戦略を推進するため、2018年10⽉1日付で持株会社制に移⾏した。

これに伴い、株式会社アースサイドを設⽴し、アースサイドグループの経営・業務管理を⾏います。

植物工場などのトレードグループ、持株会社制に移⾏。新たにアースサイドを設立
これまでトレードグループでは、2001年の株式会社トレード設⽴以来、⽣産や、流通、物流、ブランド、外⾷などの事業を展開し、⽣鮮⾷品の川上から川下まで事業領域を広げてきました。このたび、今後のさらなるグループの事業成⻑を推進するために、持株会社制に移⾏することを決定しました。

今後は、グループの総合⼒をより発揮できる体制を作り、新たに掲げた「グローバルフードインフラを創り、世界の毎⽇を新鮮に彩る」というミッションのもと、地球規模で⾷と農業の未来を考えた事業を展開していきます。

植物工場などのトレードグループ、持株会社制に移⾏。新たにアースサイドを設立
【グループ事業内容】
◆流通事業

全国の卸売市場や仲卸業者向けに⻘果の転送事業を展開。情報収集⼒とチーム体制によるきめ細やかな提案で、1⽇約800tの⻘果を取引します。

⽇本全国で野菜の需要と供給のバランスを整えることで価格の平準化に貢献するとともに、野菜が再評価される機会も作り出しています。

事業会社︓株式会社トレード、株式会社ディール


◆物流事業
卸売市場を中⼼とした全国に広がる物流ネットワークで、⽇々変化する⻘果配送ニーズにスピーディーに対応します。

東京と京都に構える⾃社の物流センターでは、グループ内外の幅広い荷物の365⽇24時間⼊出庫が可能。各温度帯にも対応し、⻘果の鮮度と品質を守っています。

事業会社︓株式会社クルーズ


◆⽣産事業
スプレッドが運営する世界最⼤規模の植物⼯場「⻲岡プラント」では、困難と⾔われた⿊字化を達成。培ったノウハウを基に開発した次世代型農業⽣産システム『Techno FarmTM』の国内外での展開を目指しています。

またトレードではきのこ⼯場やグリーンハウスでの栽培技術開発にも取り組み、次世代につなぐ持続可能な農業の実現を目指します。

事業会社︓株式会社スプレッド、株式会社トレード

植物工場などのトレードグループ、持株会社制に移⾏。新たにアースサイドを設立
◆ブランド野菜事業
京野菜ブランド『洛市』や地域野菜ブランド『地選』を展開。⽣産者から直接仕⼊れた⾼品質な野菜を独⾃の規格でブランド化し全国の消費者のもとに届けています。

⽣産者、消費者ともに「⼀定価格での取引」という価値を提供し、持続可能で安定的な流通モデルを構築しています。

事業会社︓株式会社トレード


◆外⾷事業
外⾷事業1号店となる「nonahan〜のなはん〜新京極店」は、⽇本の和⾷⽂化を継承し現代風にアレンジした⾷事を提供するデリカテッセンです。

グループが⼿掛ける⽣産、流通、ブランドの総合⼒を⽣かしながら、新鮮な野菜の魅⼒や和⾷⽂化を京都から世界に向けて発信します。

事業会社︓株式会社トレード


株式会社アースサイド http://www.earthside.com/

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。