韓国による植物工場産「生でも食べらる機能性・唐辛子」が日本で販売開始

 韓国政府機関の一つである韓国農水産食品流通公社は、韓国の古都・全州で2008年に開発された、血糖の調整に優れた辛みのない新品種の唐辛子「糖調唐辛子」を日本国内で販売する。生産方式は太陽光利用型植物工場となっている。

韓国による植物工場産「生でも食べらる機能性・唐辛子」が日本で販売開始
■糖調唐辛子とは
若草色のふっくらとした見た目で、大きいものはなんと一般的な唐辛子の約3倍の大きさです。“まったく辛くない”ということが一番の特長です。また、一般的な唐辛子より大きく、身も肉厚。

生でも食べることができ、パプリカやキュウリのようにみずみずしくポリポリとした食感をしています。


関連記事
韓国・新たなライフスタイルを求めて都市部住民による就農が2010年の10倍以上に急増
韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
韓国LGグループによる植物工場・農業ビジネス参入。生産者による反対・LG製品ボイコットも
韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」屋上ファームと料理教室の融合サービス

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。