運輸業のセイノー、ファームシップと連携して完全人工光型植物工場を稼働

 運輸業のセイノーホールディングス株式会社は、新規事業として完全人工光型植物工場を稼働させる。計画では2019年6月に事業をスタートする。

運輸業のセイノー、ファームシップと連携して完全人工光型植物工場を稼働
植物工場で葉物野菜を栽培することで生産の品質を高め、安定的に出荷することで消費者に価値を提供できます。

更にそれら野菜を、輸送事業を柱とするセイノーホールディングスが生産からお届けまでを一括で管理することで、より新鮮な野菜をお届けできると考えています。

今回、セイノー輸送グループの東海西濃運輸株式会社が、新事業として立ち上げを行い、岐阜県内に2階建倉庫を建築し、2階部分3,960m2を植物工場として利用する予定です。

同事業は、植物工場事業を行う株式会社ファームシップと包括的業務提携契約を締結し、進めていきます。同社は、セイノーアクセラレータープログラム2017のファイナリストであり、国内に自社植物工場を運営するほか、いくつもパートナー企業と工場の立ち上げの実績を持っています。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。