カテゴリー:北米市場

  • 植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ

    植物工場ベンチャーBowery Farming社が750万ドルの資金調達に成功。地産地消型モデルの普及へ

     米国ニューヨークを拠点とするBowery Farming社は、完全人工光型植物工場による生産技術の開発・販売を行っているベンチャー企業だが、今月末に750万ドルの資金調達に成功した。同社は2015年に設立し、ニュージャ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 地産地消Farm-to-Tableを実現する「塚田農場」がハワイにオープン

    地産地消Farm-to-Tableを実現する「塚田農場」がハワイにオープン

     株式会社エー・ピーカンパニーは、2017年3月上旬に契約農場より仕入れた野菜を使用し、日本の「塚田農場」同様新鮮さと栄養価を保ったままお客様のテーブル料理を届けることにこだわった「塚田農場ファーマーズキッチン(英語名:…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル

    都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル

    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50億ドルから2014年には120億ドルまで拡大しており、今後も成長市場の一つとして都市部を中心に多くの生産事例や政府による…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も

    米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。数千万円の設備投資を行う農業経営者も

     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目している。 クリントン氏と争った大統領選では、1100万人にも及ぶ不法移民すべてを排斥するような主張を行っていたが…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供

    米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供

     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入した植物工場はLED光源を採用したタワー型の水耕栽培キットであり、生産した野菜は学校の食堂で使用される他、生徒への教育プロ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 住友化学、米パデュー大と植物の画像診断など先進農業に関する新プロジェクトを開始

    住友化学、米パデュー大と植物の画像診断など先進農業に関する新プロジェクトを開始

     米国パデュー大学と住友化学は、これまで取り組んできた共同研究の範囲を拡大し、先進農業に関する新たなプロジェクトを開始した。住友化学とパデュー大学は、これまでも複数の分野で共同研究に取り組んできました。 化学科のアレク…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 米国・中国の2カ国が協力、植物工場など新技術の研究開発や農業投資を加速

    米国・中国の2カ国が協力、植物工場など新技術の研究開発や農業投資を加速

     米国と中国の両国は、植物工場など先進的な農業分野における技術開発などを推進するために連携していくことを公式に発表した。米国の農業や食に関する技術、農業経営ノウハウを活用しながら、拡大を続ける中国市場や将来的にはアジア諸…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得

    メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得

     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成を受け、地元住民に対して都市型農業に関するサービスを拡大する。同団体は地元住民からの要望を受け、コミュニティ・ガーデンや…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始

    米国における120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による資金の貸し付けプログラムが開始

     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸し付けプログラム「EZローン」を実施する、と公表した。本プログラムは小規模・家族経営農家やベンチャー企業に対して、簡易的…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ

    米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ

     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家アントレプレナーの育成に力を入れている。同大学ではサステイナブルな都市型農業に関する講義プログラムだけで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  3. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  2. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  3. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る