アクアポニクスの海外市場動向。検索数の急増・ベンチャー企業の参入

植物工場IT活用事例セミナー

アクアポニックスとは?
 近年、魚と野菜を同時に育てる「アクアポニックス」と呼ばれる、環境に優しい有機農業に注目が集まっています。

アクアポニックスとは、水産養殖(魚の養殖)と水耕栽培(土を使わずに水で栽培する農業)を掛け合わせた、新しい農業。魚と植物を1つのシステムで一緒に育てます。

魚の排出物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、地球にやさしい循環型農業です。今回は、アクアポニックスの海外動向について紹介します。

2015年以降、Googleでの検索数が上昇

 英語でGoogleの検索数を調べると、2005年以降、”aquaponics”の検索数が増えています。

アクアポニクスの海外市場動向。検索数の急増・ベンチャー企業の参入

Google Trendによる検索数の推移

アクアポニックスは、水産養殖(aquaculture)と水耕栽培(hydroponics)を合わせたもの。この2つのワードの検索数と比較すると、現在では”水産養殖”、つまり「魚の養殖」について調べる人と同じくらいの人数が「アクアポニックス」について検索していることが分かります。

近年、急に検索数が増えてきた理由の一つとして、ベンチャー企業の参入があります。

資源不足国での発展→ベンチャー企業の参入

 アクアポニックスは、本来は資源が不足している島や地域で発展したきた農業です。80年代から、農家を中心に、国連やNGOなどで実用化されてきましたが、この段階ではひとつの農法にすぎず、一般に知られることは殆どありませんでした。

それを変えたのが、ベンチャー企業たち。彼らがこのユニーク、かつ、エコフレンドリーな農法に注目し、これを都市のライフスタイル分野において展開しはじめました。

アクアポニクスの海外市場動向。検索数の急増・ベンチャー企業の参入

世界中に広がるアクアポニックス

 今日では、最先端の植物工場から、途上国支援、家庭菜園、都市農業、そして教育や介護に至るまで、その可能性を広げています。

アクアポニクスの海外市場動向。検索数の急増・ベンチャー企業の参入

英語圏を中心に世界に広がるアクアポニックス

市場規模はまだ小さいですが、アメリカの調査会社によると2013年から2020年にかけて5倍以上に急成長するとも予測されており、これから注目の農業といえるでしょう。


アクアポニクスについて

↓↓↓ 弊社では国内外の市場調査、視察コーディネート
設備プラントの導入支援(設計・プラント販売・栽培指導)も行います ↓↓↓
お問合せフォーム