カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産

 カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリナという藻類の閉鎖型・植物工場による生産・販売を本格化させた。

スピルリナも話題になっている「スーパーフード」の一つといわれており、ミネラル・タンパク質・抗酸化物質などが豊富に含まれている食材である。

スピルリナ(藻類)の生産工場は300平方メートル。現在は10名の作業員が毎日28kgを生産している。同社の特徴は、その生産技術にあり、屋外にある大型プールにて大量の水を使用しながら培養する形ではなく、室内環境を33℃に維持された閉鎖型・植物工場プラントにてスピルリナを生産している。

同社では、人工光を使用した閉鎖・循環式にて、ごく少量の水を使用して生産されており、アクアポニクスによる魚の飼育を同時に行うことで、環境負荷を軽減したサステナブルな藻類培養と加工技術を保有している。

同社の販売商品。ペースト状にしたものを、そのまま瓶詰した商品と冷凍したものがある。他の健康食品などで多い乾燥パウダーやカプセル商品は販売せず、熱を加えず、新鮮で栄養素や酵素を損なわない形で提供している。
販売は別会社のアルジフレッシュ・インターナショナル社が行っている

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。