都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル

米国・地産地消の市場規模は120億ドル

 米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50億ドルから2014年には120億ドルまで拡大しており、今後も成長市場の一つとして都市部を中心に多くの生産事例や政府による支援が行われている。

ただし、都市部にて行われている栽培方法は露地栽培が中心であり、都市人口が急増している現在では、既存の栽培方法では対応が難しくなっているのも事実である。

例えば、ニューヨーク州の飢餓状況を調査したFAOでは、2008年のリーマン危機に並ぶほど、2015年の都市部における飢餓人口が増加していることを発表しており、今後も所得格差が拡大し、貧困に苦しむ都市人口が増えることが予想される。

ニューヨークには、600を超えるコミュニティーガーデンをはじめ、商業施設・ホテルや学校などの様々なスペースにて、小規模だが農場が点在しているが、生産性の問題から地元産の野菜・果物の値段は非常に高く、購入できる消費者は、ごく一部に限られている。
そこで注目されているのが「アクアポニクス」である。

魚と野菜の融合システム・アクアポニクスとは

 魚の養殖「アクアカルチャー Aquaculture」と水耕栽培「ハイドロポニクス Hydroponics」を融合させたもの。つまり魚の養殖と野菜の水耕栽培を一体化させたシステムのことである。

 アクアポニクスの場合、野菜の水耕栽培のみと比較すると養液環境のコントロールが難しく、屋外環境によっては生産が不安定になるようなデメリットはあるものの、環境にも優しく、かつ露地栽培より飛躍的に収量を向上させることができる。
都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル

NYにおけるアクアポニクス生産事例

 ニューヨークの都市近郊では近年、アクアポニクスによる生産事例が増えている。例えば、Eden Works では、人工光型植物工場による葉野菜と魚(淡水魚)の養殖を行う小規模施設を稼働させ、今後は約1,000m2の場所で量産化を予定している。

都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル

人工光型植物工場の場合、魚の養殖タンクとは異なる部屋にて野菜を生産し、それぞれが最適な室内環境を実現することもできる。写真はEden Worksより

既存のアクアポニクスは、土地のある郊外にて大規模な屋外型施設が多く、環境変化にも強いティラピアなどの淡水魚を生産することが一般的だが、人工光型植物工場により室内環境を分けて管理することで、より高単価な魚を商業生産することも将来的には可能である。

その他にも、郊外にて屋外型のアクアポニクスを行うGrowing Powerは、アクアポニクスを応用した温室ハウスを建設し、1万匹以上の魚(ティラピア、イエローパーチなどの淡水魚)と約450トンを超える農作物を年間に生産・出荷している。

 都市部では地産地消の農作物を評価してもらう消費者の存在が重要であり、教育の機会を増やす必要がある。例えば、アクアポニクスUSAでは、2009年から事業をスタートさせ、設備の販売と同時に、STEM教育科学(Science,Technology,Engineering and Mathematics)にも力を入れている。
都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
このように都市型農業では限られた土地にて収量アップを実現するためにアクアポニクスや植物工場による生産を始める企業・団体が増えており、低所得者へのフード支援や子供たちへの食育・科学教育など、様々なアプローチからの結果として、全体的な地産地消の市場規模が拡大している、といえるだろう。

Pic: Eden WorksアクアポニクスUSA より引用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  5. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  8. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  9. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  10. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  2. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
ページ上部へ戻る