サステナジー・大和ハウス工業など、太陽光発電と農業を両立するソーラーシェアリングを開始

 再生可能エネルギー事業を専門に取り扱うサステナジー株式会社は、「登米善王寺太陽光発電所(発電容量2MW/宮城県登米市)」および「加美八幡堂太陽光発電所(同2MW/宮城県加美郡)」において、太陽光発電とキクラゲ栽培を両立するソーラーシェアリング事業を開始する。

本案件では、日立キャピタル株式会社が、太陽光発電設備のプロジェクトファイナンス型リースを提供し、大和ハウス工業株式会社が設計・調達・建設(EPC(*1))および保守(O&M(*2))を行います。

2017年6月より太陽光発電パネル下部の農地でキクラゲの栽培を開始し、全ての面積を使用して栽培すると年間約4万kgの収穫量になります。また、2017年9月末に発電を開始し、全量を東北電力株式会社へ売電する予定です。
*1 Engineering, Procurement and Construction
*2 Operation and Maintenance

サステナジー・大和ハウス工業など、太陽光発電と農業を両立するソーラーシェアリングを開始
■事業背景
ソーラーシェアリングは、農地の有効活用ならびに再生可能エネルギーの普及を目的として、営農の継続を条件に耕作放棄地などを一時転用し、営農を継続しながら上部の空間に太陽光発電システムを設置するものです。

耕作放棄地の有効活用や新たな雇用創出などによる地域の活性化が見込める事業モデルとして、ソーラーシェアリングを行う設備を設置するための農地転用許可の件数はこれまで累計770件以上(*3)あり、さらなる普及が期待されています。

こうした中、サステナジーは、日立キャピタルおよび大和ハウス工業と連携し、宮城県の耕作放棄地など2ヶ所を活用した太陽光発電とキクラゲ栽培を同時に行うソーラーシェアリング事業を開始することとしました。
*3 農林水産省食料産業局『営農型発電について(2017年3月)』より


■本案件のソーラーシェアリングについて
ソーラーシェアリングは、日射を必要とする作物を生産するために小型の太陽光パネルを採用し、下部の農地にも太陽光を採り入れるのが一般的ですが、本案件では、太陽光発電システムを建設することによってできる影を活用し、日射の不要なキクラゲを栽培作物として選定しました。

キクラゲは国内で流通している商品の9割以上が中国からの輸入に依存しており、希少価値の高い国産品はニーズが高く、今後の販路拡大が見込める農産物です。

営農については、2017年6月より宮城県の農業生産者であるアグリ古川農産株式会社(宮城県大崎市)と株式会社スワンドリーム(宮城県栗原市)が地元の方を新たに雇用し栽培を開始しています。

【ソーラーシェアリングでのキクラゲ栽培】
サステナジー・大和ハウス工業など、太陽光発電と農業を両立するソーラーシェアリングを開始「登米善王寺太陽光発電所」でのキクラゲ菌床栽培の様子、「加美八幡堂太陽光発電所」でのキクラゲ菌床栽培の様子