植物工場ベンチャーによる小売スーパー内の店産店消型モデル。タワー型水耕栽培を導入

 垂直タワー型の水耕栽培システムを導入し、コンテナ型植物工場を運営するFriday’s Fresh Marketでは、地元の米国アイオワ州にあるダベンポートにて、地産地消モデルを普及させるために、小売スーパーの壁面スペースを利用した水耕栽培を行っている。

植物工場ベンチャーによる小売スーパー内の店産店消型モデル。タワー型水耕栽培を導入
小売スーパー「ハイビー」のメインとなる入口の壁面(スターパックスが入る店舗の壁面)には、約2.5メートルのタワー型水耕栽培が2セット、2017年5月に設置した。設置・運営は「Friday’s Fresh Market」が行い、収穫した野菜は、スーパー側が全量買い取り、店内の地産地消コーナーにて販売される。

屋外に設置された水耕タワーシステムでは、太陽光のみ。ただし、店内の地産地消コーナーでは、人工光を利用した小型のタワー型水耕栽培を設置することで、消費者の注目を集める取組みも行っている。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。