大和ハウス工業など、PM2.5や二酸化窒素などを浄化「大気浄化壁面緑化システム」販売開始

 大和ハウス工業株式会社と大和リース株式会社は「大気浄化壁面緑化システム」を共同開発し、8月6日より販売を開始する。「大気浄化壁面緑化システム」は、汚染された空気をファンで吸い込み、汚染物質を土壌層に吸着させ、植物や土壌の微生物により二酸化窒素やPM2.5などを分解・浄化させるシステム(※2)です。
これにより、PM2.5は約65%削減できるとともに、二酸化窒素は約90%削減(※3)することができます。

 今後、両社は共同開発した「大気浄化壁面緑化システム」を自動車の排気ガスが発生する幹線道路沿いの立体駐車場や物流施設、工場、商業施設、オフィスビルなどに提案することで、汚染物質の低減に貢献していきます。

※2.電気代・灌水代・メンテナンスコストなどで年間4,000円/㎡~が必要となります。
※3.1㎡当たりでアイドリング中の自動車約10台分の排気ガスを削減できます。

大和ハウス工業など、PM2.5や二酸化窒素などを浄化「大気浄化壁面緑化システム」販売開始立体駐車場 外観イメージ

■開発背景
 環境省の「環境基本法」の大気汚染に係る環境基準によると、人の健康を保護する上で維持することが望ましい基準として二酸化窒素は「1時間値の1日平均値が0.04ppmから0.06ppmまでのゾーン内又はそれ以下であること」とされています。
しかし、2010年度に環境省が実施した調査によると、自動車からの排気ガスなどにより都市部では基準値を達成できず、課題となっています。

 そこで、都市部の汚染された空気を浄化するべく、大和ハウス工業と大和リースは2012年4月、「大気浄化壁面緑化システム」の開発に着手しました。2013年1月以降は、新たにグループ入りした株式会社フジタと3社で共同研究を開始しました。そして、大和ハウス工業と大和リースは、フジタが開発した土壌を用いた大気浄化システム「EAP」(※4)で培ったノウハウを、土壌基盤型壁面緑化工法「D’sグリーンフレーム」(※5)に組み合わせ、「大気浄化壁面緑化システム」を開発しました。

※4.商品名。Earth Air Purifierの略。
※5.大和ハウス工業と大和リースが2012年に開発した垂直な土壌層の緑化システム。

■「大気浄化壁面緑化システム」について
1.省スペースを実現
「大気浄化壁面緑化システム」は、都市部などの狭小地でも設置可能な土壌層を利用した浄化システムです。
これまで、一般的に土壌層を利用した浄化システムは地面に設置するため、広い敷地が必要となり、都市部では不向きとされてきました。そこで、大和ハウス工業と大和リースは壁面に土壌層を設けることにより必要敷地面積の省スペース化を実現した「大気浄化壁面緑化システム」を開発しました。これにより、本商品は土壌層を水平に設置する「EAP」と比較して、必要建築面積を約1/5にすることができました。

2.半永久的に効果が持続
「大気浄化壁面緑化システム」は、土壌層に二酸化窒素やPM2.5などを通気させることで、汚染物質を半永久的に浄化できるシステムです。
本商品では、まず汚染された空気をファンで吸い込み、汚染物質の多くを土壌内の水分に吸着させます。その後、吸着された汚染物質の一部を土壌微生物が分解し、二酸化窒素などを無害な窒素として放出。植物も栄養素として汚染物質を吸収します。これにより、PM2.5を約65%、二酸化窒素を約90%削減することができます。また、土壌微生物が分解を続けるため、持続的な効果が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  4. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  9. 日本初の電解水設備を導入したオランダ式の太陽光利用型植物工場が高知県南国市にオープン
     整水器シェアNo.1の日本トリムが連携協定を結ぶ高知県・南国市・JA南国市・高知大学の4者との官民…
  10. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  4. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
ページ上部へ戻る