三菱化学、ベビーリーフの植物工場による生産・販売スタート。高栄養化・安定品質により機能性表示制度にも対応可能

 三菱化学株式会社では、神奈川県小田原市の自社事業所内に建設中であった植物工場が稼働を開始し、ベビーリーフの生産・販売を神奈川県下のスーパー、百貨店などを通じて実施する。また、同社の完全人工光型植物工場システムが、高い技術力による安定的かつ効率的な生産が可能なこと等が評価され、神奈川県の「ME-BYO BRAND」に認定された。
三菱化学、ベビーリーフの植物工場による生産・販売スタート。高栄養化・安定品質により機能性表示制度にも対応可能

神奈川県では「未病」を「健康と病気を2つの明確に分けられる概念として捉えるのではなく、心身の状態は健康と病気の間を連続的に変化するものと捉え、このすべての変化の過程を表す概念」と考え、「未病を治す」取組みの一環として、優れた未病産業関連の商品・サービスを「ME-BYOBRAND」と認定することにより、未病産業の魅力を広めることを通じて、誰もが健康で長生きできる社会の実現を目指しています。

 同社の植物工場で栽培されるベビーリーフは、一般の野菜に比べビタミンA、ビタミンK、カリウム、葉酸などの栄養素が豊富であり、かつ、年間を通じて栄養素の濃度が一定に保たれるという特徴があります。栄養分豊富で洗わなくても食べられる、安全、安心な野菜を年間を通じて継続的に提供できます。

さらに、三菱ケミカルホールディングスグループ傘下の健康ライフコンパスが提供する簡易血液検査「じぶんからだクラブ」による定期的なチェックと組み合わせることによって、運動習慣の見直しや食事メニューの効果的な改善につながり、「未病を治す」ことが期待できると評価され、「ME-BYO BRAND」の第3号として認定されました。

本植物工場で栽培したベビーリーフを数種類組み合わせたミックスベビーリーフを、本年10月初旬から、神奈川県下のスーパー、百貨店を通じて、あるいはホテル等に対し「キュアリーフ(TM)」の製品名で販売を開始する。「キュアリーフ(TM)」はパッケージにME-BYO BRANDのロゴが表示されるほか、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が安定しているため、食品衛生法に定める「栄養機能食品」として提供することができます。

栄養機能食品
栄養機能食品とは、高齢化や不規則な生活により1日に必要な栄養成分をとれない場合など、栄養成分の補給を主な目的として摂取する人に対して、その栄養成分の機能の表示をしている
食品です。国が定めた栄養成分の規格基準に適合していることを条件として、製造業者等が各々の責任で「栄養機能食品」と表示し、その栄養成分の機能の表示することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  8. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  9. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  10. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  3. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  4. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
ページ上部へ戻る