スプレッドのパートナーシップ案件、JXTGグループの⾃動化植物⼯場「テクノファーム成⽥」が着⼯

 アースサイドグループの株式会社スプレッドとパートナーシップを結ぶ、JXTGグループのJリーフ株式会社は、スプレッドが開発した次世代型農業⽣産システム『Techno FarmTM』を導⼊した完全人工光型の自動化植物⼯場「テクノファーム成⽥」(千葉県芝⼭町)を、2019年6⽉24日に着工した。

スプレッドのパートナーシップ案件、JXTGグループの⾃動化植物⼯場「テクノファーム成⽥」が着⼯
スプレッドは、次世代型農業⽣産システム『Techno FarmTM』を初めて導⼊した⾃動化植物⼯場「テクノファームけいはんな」(京都府⽊津川市)を建設し、2018年11⽉より商品の出荷を、既に⾏っています。

同システムの⼯場のパートナーシップ展開を図る中で、事業の目的と⽅向性を共有できるJリーフとフランチャイズ契約を締結しました。

本⼯場は、栽培⼯程に⾃動化を導⼊した国内最⼤規模の植物⼯場で、⽇産3万株のレタスを⽣産可能。省⼈化による衛⽣環境の向上や作業の標準化を実現します。

また栽培棚を従来(※)よりも多段(28段)にすることで、⾯積あたりの⽣産性が向上。環境制御技術や植物⼯場専⽤LED照明、IoT 技術による栽培データ管理などを搭載し、効率的かつ安定的な⽣産を目指します。

※スプレッドの従来の植物⼯場(⻲岡プラント、テクノファームけいはんな)との⽐較


工業概要
名称    テクノファーム成⽥
所在地   千葉県⼭武郡芝⼭町⼩池2700 番72
⼯場タイプ ⼈⼯光型植物⼯場
敷地⾯積  約8,000 ㎡
構造    鉄骨造 2 階建て
⽣産品目  リーフレタス
⽣産能⼒  3万株/⽇
着⼯    2019年6⽉24⽇
竣⼯    2020年12⽉(予定)

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。