植物工場メーカーが障害者向けのB型就労支援施設をオープン

 非営利活動法人(NPO)ソーシャル・ハウスは、群馬県高崎市内で、植物工場施設を導入した障害者向けの就労継続支援B型施設を開設した。入所者は18歳以上の知的・精神・身体の障害者を対象とする。
施設では日産300株の野菜を生産できる栽培設備を設けて、野菜栽培に伴う様々な作業を障害者の就労訓練として役立てる考え。同NPO法人の代表は植物工場メーカーでもある株式会社成電工業の社長でもある滝沢氏が務めている。

野菜の成育には蛍光灯とLEDの2種類の光源を用意し、栽培する野菜の品種によって使い分ける予定。また、野菜を成育するための液肥の成分を調整することで、低カリウム野菜などの機能性野菜の栽培もできる技術を備えている。

植物工場メーカーが障害者向けのB型就労支援施設をオープン植物工場メーカーが障害者向けのB型就労支援施設をオープン

将来的には、障害者が栽培した機能性野菜を、市内の腎臓透析患者向けの病院などで販売することも計画している。このような完全閉鎖型の野菜工場における障害者就労支援施設の開設は、県内では初めての試みとなる。

野菜工場には、種まき、苗の移植、収穫、トリミング、計量、包装、ラベリング、など様々な作業が発生する。また、栽培室内の整理、栽培装置の清掃、資材の発注、伝票の作成など様々な間接作業も必要となる。

このような作業の中から、障害者一人一人の個性に適した作業を選択して訓練のメニューを考案する予定。屋外の農業と異なり天候の影響を受けることもなく、また、土を使用しない水耕栽培なので、環境は衛生的で、身体的な負担も少ないことから、農業に関心のある多くの障害者からの応募を期待している。

団体名:NPO法人ソーシャル・ハウス
住所:高崎市上豊岡町580-9
電話番号:027-384-2282
FAX:027-384-2351

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  6. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  7. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  8. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  9. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  10. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  3. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る