植物工場メーカーが障害者向けのB型就労支援施設をオープン

 非営利活動法人(NPO)ソーシャル・ハウスは、群馬県高崎市内で、植物工場施設を導入した障害者向けの就労継続支援B型施設を開設した。入所者は18歳以上の知的・精神・身体の障害者を対象とする。
施設では日産300株の野菜を生産できる栽培設備を設けて、野菜栽培に伴う様々な作業を障害者の就労訓練として役立てる考え。同NPO法人の代表は植物工場メーカーでもある株式会社成電工業の社長でもある滝沢氏が務めている。

野菜の成育には蛍光灯とLEDの2種類の光源を用意し、栽培する野菜の品種によって使い分ける予定。また、野菜を成育するための液肥の成分を調整することで、低カリウム野菜などの機能性野菜の栽培もできる技術を備えている。

植物工場メーカーが障害者向けのB型就労支援施設をオープン植物工場メーカーが障害者向けのB型就労支援施設をオープン

将来的には、障害者が栽培した機能性野菜を、市内の腎臓透析患者向けの病院などで販売することも計画している。このような完全閉鎖型の野菜工場における障害者就労支援施設の開設は、県内では初めての試みとなる。

野菜工場には、種まき、苗の移植、収穫、トリミング、計量、包装、ラベリング、など様々な作業が発生する。また、栽培室内の整理、栽培装置の清掃、資材の発注、伝票の作成など様々な間接作業も必要となる。

このような作業の中から、障害者一人一人の個性に適した作業を選択して訓練のメニューを考案する予定。屋外の農業と異なり天候の影響を受けることもなく、また、土を使用しない水耕栽培なので、環境は衛生的で、身体的な負担も少ないことから、農業に関心のある多くの障害者からの応募を期待している。

団体名:NPO法人ソーシャル・ハウス
住所:高崎市上豊岡町580-9
電話番号:027-384-2282
FAX:027-384-2351

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. 大地を守る会とオイシックス、3月31日よりグループ会社化
     株式会社大地を守る会と、オイシックス株式会社は3月31日にグループ会社となり、2017年秋を目処と…
  6. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  7. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  8. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  9. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  10. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  2. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  3. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る