ロシアの植物工場ベンチャー、欧州市場への事業展開のため100万ドルの資金調達へ

 ロシアのアイファームでは、植物工場の研究開発と、欧州市場向けへの事業拡大のため100万ドルの資金調達を実施した。

ロシアの植物工場ベンチャー、欧州市場への事業展開のため100万ドルの資金調達へ
同社は環境制御型のハイテク農業施設の開発を行っており、太陽光利用型と完全人工光型の2つの植物工場の研究開発、施工、自社試験農場の運営などを行っている。

ロシアの植物工場ベンチャー、欧州市場への事業展開のため100万ドルの資金調達へ

ロシアの植物工場ベンチャー、欧州市場への事業展開のため100万ドルの資金調達へ
同社が提案している「完全人工光型植物工場」の様子
主なターゲットは、中小規模向けの施設。本格的な温室ハウスにて野菜を栽培したい場合の「家庭向け」商品のほか、空施設・工場、さらには屋上などのスペースを活用した完全人工光型植物工場を取り扱っている。

一般家庭向け(商業店舗にも応用可能)の本格的な温室ハウス型の施設。
日照時間が短いロシアでは人工光を導入して栽培している

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。