低カリウム野菜の栽培技術・量産化技術の確立に向けて実証栽培ラインを新設(成電工業)

株式会社成電工業は、低カリウム野菜の栽培技術及び量産化技術の開発のための実証ラインを新設した。同社は、低カリウム野菜の栽培技術について、秋田県立大学小川敦史博士の製法を基本とし、同社固有の栽培技術を融合させ、低カリウム野菜の栽培技術及び量産化技術の標準化を目指している。また、同社は栽培技術の開発とともに、量産時のカリウム低減の保証方法についても、信頼性のある管理技術の標準化を目標に掲げている


成電工業は、2008年に完全閉鎖の野菜栽培技術の開発に着手。2年の開発期間を経て、2010年から野菜の生産・販売を開始した。その後、野菜の栽培装置の開発に移行し、2011年から野菜栽培装置“ソーシャル・キッチン”シリーズの販売を開始。家庭用の小型タイプから、店舗・施設向けの大型タイプまで幅広いラインナップを誇る。また、2012年には量産用のプラントタイプの販売を開始し、現在までに国内で10箇所以上の納入実績がある

20130927 セイデン2

この度の低カリウム野菜の技術開発もまた、プラントの納入先からの開発要望に応える形で実現した。今秋内には栽培に関する基本技術と量産化技術の開発を終了させ、顧客の生産ラインに栽培ノウハウを導入する計画である。今後は、低カリウム野菜の栽培に興味を持つ既存顧客や新たな顧客に対して、開発した栽培技術の提供を進めてゆく計画である。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイトへ