低カリウム野菜の栽培技術・量産化技術の確立に向けて実証栽培ラインを新設(成電工業)

株式会社成電工業は、低カリウム野菜の栽培技術及び量産化技術の開発のための実証ラインを新設した。同社は、低カリウム野菜の栽培技術について、秋田県立大学小川敦史博士の製法を基本とし、同社固有の栽培技術を融合させ、低カリウム野菜の栽培技術及び量産化技術の標準化を目指している。また、同社は栽培技術の開発とともに、量産時のカリウム低減の保証方法についても、信頼性のある管理技術の標準化を目標に掲げている


成電工業は、2008年に完全閉鎖の野菜栽培技術の開発に着手。2年の開発期間を経て、2010年から野菜の生産・販売を開始した。その後、野菜の栽培装置の開発に移行し、2011年から野菜栽培装置“ソーシャル・キッチン”シリーズの販売を開始。家庭用の小型タイプから、店舗・施設向けの大型タイプまで幅広いラインナップを誇る。また、2012年には量産用のプラントタイプの販売を開始し、現在までに国内で10箇所以上の納入実績がある

20130927 セイデン2

この度の低カリウム野菜の技術開発もまた、プラントの納入先からの開発要望に応える形で実現した。今秋内には栽培に関する基本技術と量産化技術の開発を終了させ、顧客の生産ラインに栽培ノウハウを導入する計画である。今後は、低カリウム野菜の栽培に興味を持つ既存顧客や新たな顧客に対して、開発した栽培技術の提供を進めてゆく計画である。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  3. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  4. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  5. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  6. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  9. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  10. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  2. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
  3. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  4. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
ページ上部へ戻る