北海道恵庭市の社会福祉法人に栽培システムを納入。高付加価値野菜による施設利用者の工賃収入アップを目指す(成電工業)

株式会社成電工業では、社会福祉法人恵庭光風会(北海道恵庭市)に完全人工光型植物工場システムを納入した。新設した工場では葉物野菜を中心にレタス類とベビーリーフを生産する計画である。同社では低カリウム野菜の栽培技術・量産化技術の標準化にも力を入れている弊社の参考記事


以下に、同社によるプレスリリースを掲載する。

成電工業 北海道恵庭市の社会福祉法人に野菜栽培ラインを納入

成電工業は、北海道恵庭市の社会福祉法人恵庭光風会へ野菜の栽培ラインを納入した。栽培能力は、日産で約300株の能力。栽培品種は、葉物野菜を中心にレタス類とベビーリーフを生産する計画


販売先については、卸売業者を介して、札幌市内や千歳市内に販売する見込み。恵庭光風会は、外部環境の影響を受けない完全閉鎖型の栽培システムの特長を生かして、気象条件の厳しい北海道で、年間を通して付加価値の高い野菜を供給することで、事業の安定化を図る計画。

また、高付加価値の野菜を販売することで、施設利用者の工賃収入のアップと、野菜工場の仕事に興味を抱く新たな利用者の応募にも期待を寄せている

20131017 成電工業1

<株式会社成電工業(SEIDEN)>
成電工業は、2008年に完全閉鎖の野菜栽培技術の開発に着手。2年の開発期間を経て、2010年から野菜の生産・販売を開始した。その後、野菜の栽培装置の開発に移行し、2011年から野菜栽培装置“ソーシャル・キッチン”シリーズの販売を開始。

家庭用の小型タイプから、店舗・施設向けの大型タイプまで幅広くラインナップを充実。そして、2012年、量産用のプラントタイプの販売を開始、その後現在までに国内で10箇所以上の納入実績を数える。

<概要>
名称:株式会社成電工業
本社所在地:群馬県高崎市問屋町2-4-3
工場所在地:群馬県高崎市上豊岡町571-9
創立:昭和46年10月
資本金:1,500万円
従業員:60名
関連会社:株式会社成電社、株式会社成電半導体

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  3. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  4. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  5. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  6. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  7. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  8. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  9. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  10. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
  3. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る