先行・失敗事例から学ぶ米国の植物工場ベンチャー。来春から業務用シェフをターゲットに野菜を販売

 米国フィラデルフィアを拠点とするベンチャー「AGreen Farms社」は、オフィス用の建物を植物工場に改修して野菜の生産・販売を開始する。

先行・失敗事例から学ぶ米国の植物工場ベンチャー。来春から業務用シェフをターゲットに野菜を販売
同社のWEBサイトは準備中となっているが、春には公開予定
栽培品目は、香りや色に特徴のある小さな野菜、スプラウト類・マイクログリーン商品に特化し、周辺レストランのシェフに業務用として販売する。


マイクログリーン商品の関連記事
村上農園、植物工場による新商品「マイクロハーブ・オイスターリーフ」の販売開始
米国ボストン、若手による植物工場ベンチャー設立。施設稼働まで全てネットで完結
米国Living Greens、垂直式・噴霧栽培の植物工場プラントを拡大


同社では、競合他社や過去の失敗事例などを参考・分析した結果、リーフレタスなどの汎用野菜を、スーパーを通じて一般消費者向けに販売する戦略は採用しないことにした、という。

先行・失敗事例から学ぶ米国の植物工場ベンチャー。来春から業務用シェフをターゲットに野菜を販売
同じフィラデルフィアを拠点に完全人工光型植物工場にて生産していた他社の失敗事例
同社では、ニューヨークの小売スーパー融合型の太陽光利用型植物工場Gotham Greens社[屋上ファーム型]、ラスベガスを拠点とする人工光型のOasis Biotech社などを参考にしながら、設置場所、栽培品目・方式などを分析。

同社の拠点であるフィラデルフィアは、ニューヨークとワシントンの中間に位置する。ニューヨークでは、小規模ではあるが競合として、シェフ向けにマイクログリーン商品を植物工場にて生産するFarmOne社もある。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。