トキタ種苗の「カリーノケール」全国のロイヤルホスト217店舗にて期間限定採用

 トキタ種苗株式会社が育種した「カリーノケール」が、ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」にて2月14日から開催される新作料理フェアで採用された。

トキタ種苗の「カリーノケール」全国のロイヤルホスト217店舗にて期間限定採用
欧米でブームとなり日本でも注目されている野菜「ケール」を使用した今回のフェアは、高品質な食材をコックがひと手間かけた料理として提供し、皆さまにより豊かな食事のひとときを楽しんでいただきたいという思いから、開催に至った、という。

同社のケールは、ファミレス「デニーズ」のメニューに採用された実績がある。


●開催概要
・販売期間 2018年2月14日~2018年4月上旬(予定)
・販売時間 11:00~22:00
・販売店舗 全国のロイヤルホスト217店舗(駒沢店除く)

※一部取り扱いのない店舗、販売期間・価格が異なる店舗がございます。
※天候や収穫状況により、予定産地からの入荷ができない場合は、異なる産地の食材を使用させていただく場合がございます。
※食材の収穫状況などによって、一部商品およびフェアメニューの販売終了時期が予定と異なる場合がございます。


「カリーノケール」は、健康によさそうだけれども、まずいイメージのある”ケール”をおいしく食べられるように開発した新品種です。

苦みや青臭さをなくし、肉厚な食感と食べ応えで生のままサラダでおいしく食べらるように育種しました。

家庭菜園でも簡単に栽培できます。スーパーマーケットの店頭でも青果が購入可能です。トキタ種苗では「カリーノケール」のレシピ動画も紹介しています。
http://www.tokitaseed.co.jp/recipemenu.php?varietycode=130049


関連記事
トキタ種苗のサラダ用ケール、ファミレス「デニーズ」のメニューに採用
Oisixの水耕栽培ケールを使った「かがやケールのハンバーグ定食」タニタ食堂で期間限定による提供
ファンケル、ケール青汁の長期摂取が筋年齢と神経年齢を若く保つ可能性があることを発見

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。