ファンケル、ケール青汁の長期摂取が筋年齢と神経年齢を若く保つ可能性があることを発見

 株式会社ファンケルが2013年から行っている同志社大学との共同研究で、ケール青汁の長期摂取と老化の関係性を検証した結果、ケール青汁の長期摂取が筋年齢と神経年齢を若く保つ可能性があることを新たに発見した。

 本研究は、ケールの身体機能に対する影響を総合的に検証することを目的に実施した。ケール青汁を長期摂取している人を対象に、同志社大学で開発されたアンチエイジング(老化度判定)ドックを受けてもらい、筋年齢・骨年齢・ホルモン年齢・神経年齢・血管年齢を評価しました。

<研究結果>
 ミネラル農法で栽培した国産ケール生葉120g分を1杯分とした青汁を、1年以上毎日継続摂取している50~69歳女性110名(以下、ケール群)が、アンチエイジング(老化度判定)ドックを受診。

 また比較対照として、すでに全国で蓄積されているアンチエイジング(老化度判定)ドックのデータから、ケール群と同年齢条件でケール青汁を継続摂取していない女性(以下、コントロール群)のデータを用いた。その結果、ケール群では筋年齢と神経年齢が、コントロール群に比べて若いという結果が示された。(図2)
funcle67591
 また、血液検査も同時に実施し、空腹時の血糖値や血中の中性脂肪も、ケール群がコントロール群と比較して低い結果となった。(図3)
funcl649165
 ケール青汁を習慣的に摂取すると、健康長寿に重要視される運動機能と脳機能に関して、筋年齢や神経年齢がコントロール群に比べて若いことから、それぞれの機能の維持改善に期待できることがわかった。

 また同様にケール青汁を摂取することで、空腹時の血糖値や血中の中性脂肪も、ケール群がコントロール群と比較して低いことより、生活習慣病の改善に役立つことが期待される結果が得られた。

 本研究結果はWeb Journal「Glycative stress research,Volume.3(2): 81-90(2016)」に、論文として掲載されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  2. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  3. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  6. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
  3. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  4. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
ページ上部へ戻る