ハイポニカ農法・水耕栽培技術を保有する協和と上海国有企業との合弁会社設立。中国国内への無農薬・水耕野菜の生産拠点を拡大

ハイポニカ農法で独自の水耕栽培技術を保有する協和株式会社は、上海市政府傘下の国有企業と合弁会社を設立し、無農薬の葉野菜・果実類の生産に向けてプロジェクトを開始した。以下は同社におけるプレスリリースを掲載しておく。

中国国内における農業は、土壌汚染や農薬により、農産物の安全性の確保が難しくなっています。この対策として、上海市政府傘下の国有企業、上海国盛集団は農産物の安全を確保する為に水耕栽培の本格導入に着手しました。
 
この水耕栽培技術は、日本メーカーの協和(株)(本社:大阪府高槻市 代表取締役:野澤重晴)と総資本金500万元(約6000万円)で合弁会社(上海盛澤農業発展有限公司)を設立し、協和の技術支援によって中国国内で生産拠点を作る計画を進めています。

合弁会社は本年5月に設立し、上海市松江区で2500平方メートルのガラス温室の中に果菜および葉菜の水耕栽培プラントを設置し、本年11月10日から栽培を開始する予定です。
 
〈経 緯〉
中国国内産の農産物の安全性は極めて低いことから、富裕層では日本からの輸入食材の購入量が増加しています。将来国内において大きな問題となることを予測した上海国盛集団が、無農薬野菜の生産をめざして日本の水耕栽培技術を取り入れ、国内生産の推進を決めました。
 
上海国盛集団は上海市の80%の農産物の流通を行っている国有企業です。無農薬野菜の供給、水耕栽培プラントの施工、栽培技術の指導までの全てを、上海市だけでなく中国全土に供給できる体制を協和(株)と合弁会社を作ることで実現させる事業計画を立てています。
 
〈今後の計画〉
合弁会社は、協和(株)からプラントの設計、施工、製造そして栽培技術など、水耕栽培プラントの全ての技術支援を、また上海国盛集団から販売先や農業資金などの支援を受け、中国全土に向けて水耕栽培の普及を行い、3年後10万平方メートル、5年後100万平方メートル、10年後500万平方メートルの展開を計画しています。
 
〈栽培作物〉
本年11月10日から上海松江区の自営農場で栽培を開始する作物は、レタス類、サラダナ、チンゲンサイ、ミズナなどのサラダ用葉菜類と、トマト、キュウリ、パプリカ、メロンなどの果菜類を栽培する予定です。
近年中国でもサラダなどで野菜を生で食べるといった、食文化が欧米化していることから、水耕栽培では生食用の作物を栽培する計画です。
 
<ハイポニカ水耕栽培について>
協和(株)は1962年から水耕栽培の研究を開始、1966年から国内で水耕栽培プラントの販売を行っている老舗のメーカーで、1985年のつくば科学万博の政府館でトマトの放任栽培により一株から一万六千個の実をつけた【巨木トマト】を展示しました。

この独自の栽培技術は国内外から多くの評価を受けています。 特に同社のシステムは全ての作物や生育時期において、肥料の成分や濃度を変えず、常に同一濃度、同一組成で栽培ができるため、自動化、省力化が容易であると同時に、土栽培では不可能とされる栽培技術の標準化が可能であることが大きな特徴です。
 
植物が生育する環境を安定に保つことで、生理状態を高レベルで安定し、土での栽培や他の水耕栽培と比べて生育速度が速く、品質が高く、収量も多い特長があります。
 
<会社概要>
【代表者】  野澤 重晴
【設立】   1953年7月
【資本金】  9,600万円(グループ合計23億7千万円)
【事業内容】 プラスチック成型金型設計・製造、
成型部品製造・販売
水気耕栽培ハイポニカの設計・製造・販売

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  2. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  3. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  4. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  5. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  8. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  10. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  2. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
  3. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  4. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
ページ上部へ戻る