オプティム、日本とロシア・遠隔でのいちご栽培支援に「Smart Field」を提供

 株式会社オプティムは、東京農業大学と日立キャピタルグループの日立トリプルウィン株式会社が実施している実証実験において、現場管理支援サービス「Smart Field」を提供した。

本実証実験はロシア連邦において日本式いちご生産を行うものです。日本とロシアの国境を越えた遠隔でのいちご栽培支援を行っております。

実証実験の成果については、2019年9月3日からロシア・ウラジオストクで開催された「第5回東方経済フォーラム※1」にて発表されております。

オプティム、日本とロシア・遠隔でのいちご栽培支援に「Smart Field」を提供

■ロシアでの日本式生産モデルにて高品質ないちご生産技術の確立をめざす実証実験について
日立キャピタルグループと東農大は、2016年6月に産学連携協定を締結し、国内外での食・農分野の発展に貢献することを目的に、農作物における国際認証の取得※2などで連携してきました。

本連携の一環で日立キャピタルグループは、2019年2月より、東農大がロシアの極東連邦大学との学術協定にて行っているロシア・ウラジオストクでのいちご生産の実証実験に対して、農業クラウドシステム「Marsun-IoT」サービスを提供しています。

本実証実験において東農大は、オプティムの「Smart Field※3」と日立トリプルウィンの「Marsun-IoT」サービスを組み合わせ、日本にいながらロシア駐在の学生に対してきめ細かな栽培支援などを実施しました。

「Smart Field」は、スマートグラス等のウェアラブルデバイスやスマホを用い、現場と遠隔地をリアルタイムで画像共有・遠隔作業支援を行ったり、作業記録・タスク管理、AI解析によって働く方を強力にサポート出来るシステムです。

本実証実験においても「Smart Field」を利用することで、株の防除や測定の際に画像・音声認識などを活用することにより入力作業の省力化や、「見えない・伝わらない」といった双方向の現場課題を、遠隔地よりサポートすることに貢献しております。

なお、同サービスを利用した日本とロシアの国境を越えた遠隔でのいちご栽培支援などを行う事例は、本件が初めてとなります。


※1 「第5回東方経済フォーラム」Webサイトはこちら
https://forumvostok.ru/jp/

※2 2017年8月22日付ニュースリリース「東京農業大学と日立キャピタルグループが産学連携の成果としてグローバルGAP認証を取得」
https://www.hitachi-capital.co.jp/hcc/newsrelease/2017/20170822.pdf

※3 オプティムの「Smart Field」は、代理販売店である株式会社大塚商会から提供されています。


[関連記事]
ロシアの植物工場ベンチャー、欧州市場への事業展開のため100万ドルの資金調達へ
MIRAI、ロシアにて2棟目の完全人工光型植物工場システム導入・運営コンサルを締結

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。