沖縄型植物工場の実証実験開始(りゅうせき建設)/廃校活用した農業体験型施設にも水耕システム導入へ

沖縄は地域的にも農作物の栽培品目は限られており、年間供給を実現するために水耕栽培技術や植物工場を導入する事例も増えてきている。例えば、みやこ福祉会の事例インターナショナリー・ローカルの事例、さらには沖縄独自の薬草を栽培する研究も行われている(関連記事)。そして、沖縄の豊見城市にある商業施設で、植物工場の運営管理を行っていた「りゅうせき建設」も、自社敷地内にて植物工場の実証実験を本格的に開始した、という。


現在、同社では自社敷地内に植物工場を建設し、栽培方法やコスト、市場調査などの実証実験を開始。9月からリーフレタスを毎週約5キロ収穫している。試供品として食品加工業者や製造業者に配布し、市場調査を実施。設備の販売も検討しており、県内での植物工場の可能性を探っている


同社執行役員の稲福秀夫氏は「消費者が安全・安心を求める中、どれだけ需要があるのか見極めたい」と話した。植物工場は12平方メートルで、8月上旬に設置した。9月6日にリーフレタス5キロを初収穫。月間20キロの収穫を計画している。今後はハンダマやシマナなど島野菜も栽培し、市場ニーズを調査する。建設業の強みを生かして設備の販売も計画。これまでのノウハウを基に運営、管理のアドバイスも行う。土地の有効活用を考えている企業からの引き合いがあるという。

沖縄型植物工場の実証実験開始(りゅうせき建設)/廃校活用した農業体験型施設内にも水耕システム導入へ

また、6月に発足した沖縄型植物工場研究会に加盟する企業と協力して設置費用のコストダウンにも取り組む方針であり、橋口和久業務課長は「植物工場には空調や光熱、ITなど幅広い企業がかかわる。各企業と協力して坪当たり100万円掛かる設備費用を70万円までに抑制したい」と意気込みを見せた。<参考:沖縄タイムスより>



廃校になった小学校を活用し、水耕栽培(植物工場)も導入した体験型観光交流施設へ(あいあいファーム)

さらに沖縄では、4月に閉校した湧川小学校の跡地を、農業中心の体験型観光交流施設に活用するため、農業生産法人あいあいファームが校舎、運動場、体育館などを含む跡地の無償貸与契約を今帰仁村と締結した。村は統廃合された同小学校の跡地利用計画を約一カ月にわたり公募。8業者について審議会で審査した結果、あいあいファームの計画を経済・雇用効果が最も高いと判断した。


同法人の事業計画では空き校舎を利用し、バリアフリーの宿泊施設、レストラン、温浴施設などを整備する。非正規含む施設従業員約50人を村民優先で雇用する予定で、売り上げは年間約4億円を見込んでいる。農業などの体験学習のほか、水耕栽培農産物の加工施設も備え、直売所も設ける。交流型施設として、修学旅行や企業の研修など、ニーズに幅広く対応する施設を目指す、という。施設のオープン時期は未定である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  3. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  4. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  5. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  6. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  7. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  2. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
ページ上部へ戻る