沖縄型植物工場の実証実験開始(りゅうせき建設)/廃校活用した農業体験型施設にも水耕システム導入へ

沖縄は地域的にも農作物の栽培品目は限られており、年間供給を実現するために水耕栽培技術や植物工場を導入する事例も増えてきている。例えば、みやこ福祉会の事例インターナショナリー・ローカルの事例、さらには沖縄独自の薬草を栽培する研究も行われている(関連記事)。そして、沖縄の豊見城市にある商業施設で、植物工場の運営管理を行っていた「りゅうせき建設」も、自社敷地内にて植物工場の実証実験を本格的に開始した、という。


現在、同社では自社敷地内に植物工場を建設し、栽培方法やコスト、市場調査などの実証実験を開始。9月からリーフレタスを毎週約5キロ収穫している。試供品として食品加工業者や製造業者に配布し、市場調査を実施。設備の販売も検討しており、県内での植物工場の可能性を探っている


同社執行役員の稲福秀夫氏は「消費者が安全・安心を求める中、どれだけ需要があるのか見極めたい」と話した。植物工場は12平方メートルで、8月上旬に設置した。9月6日にリーフレタス5キロを初収穫。月間20キロの収穫を計画している。今後はハンダマやシマナなど島野菜も栽培し、市場ニーズを調査する。建設業の強みを生かして設備の販売も計画。これまでのノウハウを基に運営、管理のアドバイスも行う。土地の有効活用を考えている企業からの引き合いがあるという。

沖縄型植物工場の実証実験開始(りゅうせき建設)/廃校活用した農業体験型施設内にも水耕システム導入へ

また、6月に発足した沖縄型植物工場研究会に加盟する企業と協力して設置費用のコストダウンにも取り組む方針であり、橋口和久業務課長は「植物工場には空調や光熱、ITなど幅広い企業がかかわる。各企業と協力して坪当たり100万円掛かる設備費用を70万円までに抑制したい」と意気込みを見せた。<参考:沖縄タイムスより>



廃校になった小学校を活用し、水耕栽培(植物工場)も導入した体験型観光交流施設へ(あいあいファーム)

さらに沖縄では、4月に閉校した湧川小学校の跡地を、農業中心の体験型観光交流施設に活用するため、農業生産法人あいあいファームが校舎、運動場、体育館などを含む跡地の無償貸与契約を今帰仁村と締結した。村は統廃合された同小学校の跡地利用計画を約一カ月にわたり公募。8業者について審議会で審査した結果、あいあいファームの計画を経済・雇用効果が最も高いと判断した。


同法人の事業計画では空き校舎を利用し、バリアフリーの宿泊施設、レストラン、温浴施設などを整備する。非正規含む施設従業員約50人を村民優先で雇用する予定で、売り上げは年間約4億円を見込んでいる。農業などの体験学習のほか、水耕栽培農産物の加工施設も備え、直売所も設ける。交流型施設として、修学旅行や企業の研修など、ニーズに幅広く対応する施設を目指す、という。施設のオープン時期は未定である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  2. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  3. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  5. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  8. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  9. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  10. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
ページ上部へ戻る