News:沖縄ではパン工場を植物工場へ。栽培ノウハウを蓄積しながら、今後は沖縄独自の薬草を栽培していく計画。

沖縄県の製パン会社ぐしけんは7月から、サンドイッチに使うレタスを自社生産する。旧パン工場の一部に約3000万円を投じ、レタスを栽培する野菜工場を新設。室温や栄養分を自動管理し、高品質のレタスを生産する。沖縄は高温の夏場に農産物を生産するのが難しく、今後は野菜工場で農産物を生産する動きが県内に広がる可能性がある。
 
 
野菜工場の敷地面積は約90平方メートル。4段の棚を使い、室温や栄養分、二酸化炭素(CO2)などを自動制御してレタスを栽培する。光源には太陽光の代わりに蛍光灯を活用する。1日あたりのレタス生産量は約20キログラムとなる見通しで、同社のサンドイッチに使うレタスの約半分を賄う計画だ。
 
 
同社はこれまで、夏場のレタスを本土から調達していたが、高い輸送費や鮮度低下が課題となっていた。レタス生産で野菜工場の運営ノウハウを蓄積した後、ネギや沖縄の伝統的薬草であるハンダマなど栽培品目を順次拡充する方針である。こうした薬効成分に近い効能があるとされる沖縄独自の薬草は他にもたくさんあり、レタス類の生産が多い植物工場分野でも差別化が図れることもできる。
 
News:沖縄ではパン工場を植物工場へ。栽培ノウハウを蓄積しながら、今後は沖縄独自の薬草を栽培していく計画。
 
亜熱帯である沖縄では、夏場の栽培が不可能とされる葉野菜も多い。こうした課題を解決するために水耕技術などを導入して、ホウレンソウやアイスプラント等、様々な野菜が生産され始めている。
 
 
例えば、みやこ福祉会(運営施設:みやこ学園など)では建設費2億円を投じて、水耕栽培を利用した植物工場「野菜ランドみやこ」を建設し(関連記事)、ホウレンソウを栽培している。その他、インターナショナリー・ローカルでは、栽培面積が約100平方メートルの植物工場内で、ベビーリーフやルッコラ、さらにはアイスプラント(南アフリカ原産のもの)の栽培も行っている(関連記事)。こうした植物工場や栽培技術の導入が今後、沖縄では拡大していくことが予想される。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  4. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  5. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  9. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  2. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
ページ上部へ戻る