News:沖縄ではパン工場を植物工場へ。栽培ノウハウを蓄積しながら、今後は沖縄独自の薬草を栽培していく計画。

沖縄県の製パン会社ぐしけんは7月から、サンドイッチに使うレタスを自社生産する。旧パン工場の一部に約3000万円を投じ、レタスを栽培する野菜工場を新設。室温や栄養分を自動管理し、高品質のレタスを生産する。沖縄は高温の夏場に農産物を生産するのが難しく、今後は野菜工場で農産物を生産する動きが県内に広がる可能性がある。
 
 
野菜工場の敷地面積は約90平方メートル。4段の棚を使い、室温や栄養分、二酸化炭素(CO2)などを自動制御してレタスを栽培する。光源には太陽光の代わりに蛍光灯を活用する。1日あたりのレタス生産量は約20キログラムとなる見通しで、同社のサンドイッチに使うレタスの約半分を賄う計画だ。
 
 
同社はこれまで、夏場のレタスを本土から調達していたが、高い輸送費や鮮度低下が課題となっていた。レタス生産で野菜工場の運営ノウハウを蓄積した後、ネギや沖縄の伝統的薬草であるハンダマなど栽培品目を順次拡充する方針である。こうした薬効成分に近い効能があるとされる沖縄独自の薬草は他にもたくさんあり、レタス類の生産が多い植物工場分野でも差別化が図れることもできる。
 
News:沖縄ではパン工場を植物工場へ。栽培ノウハウを蓄積しながら、今後は沖縄独自の薬草を栽培していく計画。
 
亜熱帯である沖縄では、夏場の栽培が不可能とされる葉野菜も多い。こうした課題を解決するために水耕技術などを導入して、ホウレンソウやアイスプラント等、様々な野菜が生産され始めている。
 
 
例えば、みやこ福祉会(運営施設:みやこ学園など)では建設費2億円を投じて、水耕栽培を利用した植物工場「野菜ランドみやこ」を建設し(関連記事)、ホウレンソウを栽培している。その他、インターナショナリー・ローカルでは、栽培面積が約100平方メートルの植物工場内で、ベビーリーフやルッコラ、さらにはアイスプラント(南アフリカ原産のもの)の栽培も行っている(関連記事)。こうした植物工場や栽培技術の導入が今後、沖縄では拡大していくことが予想される。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  2. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
ページ上部へ戻る