水耕栽培(野菜工場)施設にて15名の障害者を一般雇用/ホウレン草の出荷開始<みやこ福祉会:沖縄>

以前の記事に関連情報を追加しておく
知的、精神の障がい者15人が就労する「野菜ランドみやこ」(宮古島市平良)が、県内でもまれな夏場のホウレンソウを栽培、県内スーパーに商品「サラダほうれん草」として順調に出荷している。


県中央卸売市場では7〜9月に県内産の出荷はなく、県園芸振興課によると、同時期の県内産出荷は極めて珍しいという。目標は周年栽培/年間出荷70トン、売り上げ目標4千万円を目指す。


「野菜ランドみやこ」は、一般の事業所と同様、最低賃金などが保障される雇用契約を障がい者と結ぶ「就労継続支援A型事業所」として、社会福祉法人みやこ福祉会が運営する。国や県の補助金などを受け総事業費約2億円で今年、施設が完成。5月に種まきして6月24日から出荷を開始している。

収穫の3日前から真水を与えて、あくを抜き、生で食べやすくするなど、様々な技術導入・工夫により高品質な野菜の供給を目指す。



みやこ福祉会(運営施設:みやこ学園など)が、水耕栽培を利用した植物工場「野菜ランドみやこ」を来年4月に完成させる予定建設費は約2億円で、管理棟は鉄筋コンクリート平屋で384平方メートル、鉄骨ハウスが2700平方メートル。栽培施設では、障害者15人を一般雇用する予定(福祉的就労と違い、最低賃金が適用される一般雇用として)。


亜熱帯(沖縄)における夏場の栽培は不可能とされてきたが(ホウレン草など)、MKVドリームが提供する、冷たい養液を循環させる特殊な技術(ナッパーランドシステム)を採用することで、通年で栽培可能となった。年間の売り上げ目標は3700万円市内のスーパーなどに販売する


みやこ福祉会は、みやこ学園や、焼きたてパンを製造販売している分場「アダナス」を開所し、就労支援をしてきが、開所から5年間で一般就労に送り出したのは9人働く能力はあっても、就労できない障害者が多いことから「植物工場」の建設に踏み切ったという。

● 参考記事「宮古毎日新聞より(参考記事)」