三菱樹脂、MKVドリームは、ハイテクなハウス水耕栽培システムを販売(トマト栽培向けシステム)

三菱ケミカルホールディングス傘下の三菱樹脂は、LED(発光ダイオード)照明などを使って生産性を高める「野菜工場」の関連事業を強化する。野菜工場(植物工場)といっても、ハウス栽培に水耕栽培や人工照明、温度・湿度などを制御できるシステムを整備したもの
 
 
ハイテクなハウス水耕栽培では、トマトの栽培設備「トマトリーナ」を2010年4月から販売開始。販売は三菱樹脂の子会社であるMKVドリーム(株)が中心となり開発した。特徴は、通常のトマト栽培では、高さ2メートル以上に成長してから収穫するが、1メートル程度に育った段階で多くの量を収穫できる点。労働負担が少なく、高齢化や後継者不足に悩む農家の需要拡大も期待できる。
 
 
また、10アール(1000平方メートル)当たりの年間収穫量が20トンから30トンに拡大するほか、より狭いスペースに植えられ、水や肥料を管理する手間も省力化できるのも特徴の一つである。
 
 
MKVドリーム(株)は、三菱樹脂のグループ会社であるMKVプラテック、丸井加工、アグリドリームの3社が、2009年7月1日付で統合してできた企業である。同社では、農業用ビニール資材や養液栽培システム「ナッパーランド」、閉鎖型苗生産装置「苗テラス」などの栽培システム、生分解性マルチフィルムの開発を行っている。
 
 
今回のトマトの栽培設備「トマトリーナ」の販売では、従来の苗を育てる設備「苗テラス」と合わせて農家に販売し、2つの設備を合わせた価格は10アール当たり約1300万円でセット販売する予定。将来的には、LED照明を利用するトマト栽培法も千葉大と開発し、10アール当たり50トンの収穫量を目指す計画。2011年度には、こうしたLED照明と組み合わせた栽培システムも販売する予定となっている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  2. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  5. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  6. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る