米国・日本における南極の植物工場プロジェクト。将来的には全面LED光源による施設も視野に

キーストーンテクノロジーによる南極基地へのLED光源の採用

 LED照明を用いた植物工場用栽培装置を開発・製造するキーストーンテクノロジー社は、植物用LED照明の開発・販売事業に取り組んでおり、主力のLED商品「収穫ACE」は南極の昭和基地にある植物工場にも採用されている。
同社は電子部品の受託開発会社を経営していた岡崎社長が、事業の幅を広げようという狙いで2006年に設立したもの。

LED照明は、植物育成のための特定波長(660nm、470nmといった赤・青の波長)だけを効率よく照射できるのが強みであり、消費電力も少ないといったメリットがある一方で、大きな導入コストが必要となる。

現在の完全人工光型植物工場では蛍光灯ランプを採用しながら、一部にLED光源を導入した施設はあるが、全面にLED光源を採用した植物工場の稼働実績はゼロに近い。

また全面LEDの採用となるとバックライトや基盤部分に発生する熱問題もある。LEDは長寿命だが、栽培のために一日中照射していれば発熱によって、照度が落ちるなど製品の性能が劣化するため、同社ではLEDを装着する基板を放熱性の高いアルミ製にするなどの工夫も行っており、植物に与える水の一部をLEDの冷却水として使う栽培装置も開発しているという。
同社の10年6月期の売上高は1億円で、そのうちLED照明は4000万円となっている。

日本・米国における南極基地の植物工場について

南極の昭和基地に導入されている植物工場は主に蛍光灯ランプによる5段の多段式にて、レタス・バジルといった葉野菜を栽培しており、栽培設備はみらい社が担当しているが、同様のプロジェクトがアメリカでも実施されている。

アメリカの南極基地では、1992年から小型の温室ハウス内にて実験的に葉野菜を栽培してきた。そして基地のリニューアルの際に、アメリカ国立科学財団(National Science Foundation)の支援を受けて、以下の写真のような葉野菜やトマトといった果実類を基地内で栽培をスタートさせている。

栽培設備システムの選択や総合的なコーディネータ・栽培指導は、アリゾナ大学にある植物育成の環境制御部門(CEA)が担当。建設・施工作業はSadler Machine Companyが担当しており、2004年2月に栽培システムを導入している。
宇宙空間や砂漠地域、南極・北極といった極寒地域での植物工場(閉鎖空間内の植物育成)に関する研究は、日本だけでなく欧米でも進められており、今後の進展にも期待したい。
米国・日本における南極の植物工場プロジェクト。将来的には全面LED光源による施設も視野に米国・日本における南極の植物工場プロジェクト。将来的には全面LED光源による施設も視野に米国・日本における南極の植物工場プロジェクト。将来的には全面LED光源による施設も視野に

米国の南極基地の外観、施設栽培・植物工場による葉野菜生産の様子。
黄色は高圧ナトリウムランプを使用しており、丈の高いトマト等も試験栽培を行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. 大地を守る会とオイシックス、3月31日よりグループ会社化
     株式会社大地を守る会と、オイシックス株式会社は3月31日にグループ会社となり、2017年秋を目処と…
  4. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  5. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  8. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  3. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
  4. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
ページ上部へ戻る