米国・日本における南極の植物工場プロジェクト。将来的には全面LED光源による施設も視野に

キーストーンテクノロジーによる南極基地へのLED光源の採用

 LED照明を用いた植物工場用栽培装置を開発・製造するキーストーンテクノロジー社は、植物用LED照明の開発・販売事業に取り組んでおり、主力のLED商品「収穫ACE」は南極の昭和基地にある植物工場にも採用されている。
同社は電子部品の受託開発会社を経営していた岡崎社長が、事業の幅を広げようという狙いで2006年に設立したもの。

LED照明は、植物育成のための特定波長(660nm、470nmといった赤・青の波長)だけを効率よく照射できるのが強みであり、消費電力も少ないといったメリットがある一方で、大きな導入コストが必要となる。

現在の完全人工光型植物工場では蛍光灯ランプを採用しながら、一部にLED光源を導入した施設はあるが、全面にLED光源を採用した植物工場の稼働実績はゼロに近い。

また全面LEDの採用となるとバックライトや基盤部分に発生する熱問題もある。LEDは長寿命だが、栽培のために一日中照射していれば発熱によって、照度が落ちるなど製品の性能が劣化するため、同社ではLEDを装着する基板を放熱性の高いアルミ製にするなどの工夫も行っており、植物に与える水の一部をLEDの冷却水として使う栽培装置も開発しているという。
同社の10年6月期の売上高は1億円で、そのうちLED照明は4000万円となっている。

日本・米国における南極基地の植物工場について

南極の昭和基地に導入されている植物工場は主に蛍光灯ランプによる5段の多段式にて、レタス・バジルといった葉野菜を栽培しており、栽培設備はみらい社が担当しているが、同様のプロジェクトがアメリカでも実施されている。

アメリカの南極基地では、1992年から小型の温室ハウス内にて実験的に葉野菜を栽培してきた。そして基地のリニューアルの際に、アメリカ国立科学財団(National Science Foundation)の支援を受けて、以下の写真のような葉野菜やトマトといった果実類を基地内で栽培をスタートさせている。

栽培設備システムの選択や総合的なコーディネータ・栽培指導は、アリゾナ大学にある植物育成の環境制御部門(CEA)が担当。建設・施工作業はSadler Machine Companyが担当しており、2004年2月に栽培システムを導入している。
宇宙空間や砂漠地域、南極・北極といった極寒地域での植物工場(閉鎖空間内の植物育成)に関する研究は、日本だけでなく欧米でも進められており、今後の進展にも期待したい。
米国・日本における南極の植物工場プロジェクト。将来的には全面LED光源による施設も視野に米国・日本における南極の植物工場プロジェクト。将来的には全面LED光源による施設も視野に米国・日本における南極の植物工場プロジェクト。将来的には全面LED光源による施設も視野に

米国の南極基地の外観、施設栽培・植物工場による葉野菜生産の様子。
黄色は高圧ナトリウムランプを使用しており、丈の高いトマト等も試験栽培を行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  2. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  3. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  4. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  9. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  3. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  4. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
ページ上部へ戻る