スペースシャトル内の環境改善のため、ロシアでもLED光源を利用した葉野菜生産の小型試作機を開発「サラダ・マシーン」プロジェクト

最近では宇宙空間での長期プロジェクトが増え、シャトル内の環境を改善するために、食事や室内の空気環境、心理的・肉体的な疲労軽減などを目的に様々な実験が行われている。特にクルーの体調を管理するためにも食事は重要なものであり、可能であれば、ビタミンやミネラル、さらには食物繊維などの栄養素が豊富に含まれた消化・吸収率の良い食事が理想である。
 
 
例えば、米国ではNASAが早くから室内での人工光を利用した水耕栽培に関する実験等に取り組んでいるが、一方、ロシアでも「サラダ・マシーン」プロジェクトと題して、LEDを利用した移動式の小型・植物工場の試作品を製作し、実験的に葉野菜を中心に栽培を行っている
 


 
本プロジェクトは、公的な研究機関だけでなく、ロケットエンジン等の開発を行うKBKhA社など、ロシアの民間企業の協力を得ながら進められており、まずは無重力空間での植物の成長や、LED光源による光合成に関する実証実験を経たのち、高度な食料生産技術を確立しながら、将来的には宇宙ステーションでの試作機の設置を計画している。本プロジェクトに関して、進展や経過報告があれば、当サイトでも掲載いたします。<参考:Russian Space Systems社、写真はMars-500プロジェクトサイトより>