日本アドバンストアグリ、独自開発「3波長型ワイドバンドLED」が米国の植物工場にて採用

 日本アドバンストアグリ株式会社は、独自技術に基づいた植物育成用照明「3波長型ワイドバンドLED」をパートナー社であるAgrivolution LLCを通じて海外での販路拡大を展開し、北米市場の植物工場の発展に注力して参りました。
この度、アメリカ・ネバダ州ラスベガスに本社を構えるシステムインテグレータ企業のIndoor Farms of America, LLCにその照明技術が採用されました。

日本アドバンストアグリ、独自開発「3波長型ワイドバンドLED」が米国の植物工場にて採用日本アドバンストアグリ、独自開発「3波長型ワイドバンドLED」が米国の植物工場にて採用

極薄型で軽量な弊社のBarタイプ3波長型ワイドバンドLEDは、Indoor Farms of America, LLCより一年程の実績評価を経てその優位性が認められ、この度、縦型栽培装置に適した同社の標準植物育成用照明として採用が決定し、昨年夏から本格的に納入開始となりました。
また、併せて2015年12月にUL認証も取得致しました。

通常の青色LEDに黄色の発光体を使用した白色LED光源とは違い、弊社の3波長型ワイドバンドLEDは青色LEDに植物の成長に必要な緑と赤系波長を共にしっかりと含んだ白色で、作業性と省エネを重視した植物育成用照明です。

「3波長型ワイドバンドLEDの安定した生産性にとても満足しております。20種程の葉物野菜と果菜類を栽培し、目標の栽培期間内に収量を達成するのにとても役立っています。」とのコメントもIndoor Farms of America, LLCの社長であるDavid Martin氏から頂いております。

 Indoor Farms of America, LLCは、独自に開発した縦型エアロポニックス(噴霧)式栽培パネルを利用した植物工場において北米を中心に販売し、着実に海外(カナダ、アフリカ)にもマーケットシェアを拡張しています。

縦型の栽培パネルは葉物野菜の他にもイチゴやミニトマト等の栽培にも適しており、ミニトマトであれば、栽培培地一面で1,000粒程の収穫も可能です。また、エアロポニックスという養液噴霧灌水により、十分な酸素の供給が根にできる為、根の成長が早く根腐れ等が少なく、植物体が非常に健康に育つのが特徴でもあります。

縦式栽培パネルは移動もできる為、従来の多段式装置に比べ高所の作業がより安全で簡単に行え、容易に通路の確保もできることから車椅子の方にも適しているという利点も持ち合わせています。

 長期の干ばつや気候変化の影響を背景に、北米の植物工場需要は年々上伸しており、今後の市場の更なる発展も期待できます。世界的にも植物工場市場は2022年までに27.77%の年平均成長率で伸び、US68億ドルに達する見込みです。本年度は10,000本程度のLED barの販売を見込んでおります。
また、弊社でも同社の新しい栽培パネル技術を日本へ導入する事も検討しており、今後の更なる協力事業が期待できると考えております。

● 関連記事
日本アドバンストアグリ、植物工場向け育成ランプ「3波長型ワイドバンドLED」に調光可能タイプをリニューアル
日本アドバンストアグリ、3波長型ワイドバンドLEDを植物育成用照明としてアメリカ市場へ販売
日本アドバンストアグリ、薬用植物に特化した植物工場向けの3波長型ワイドバンドLEDを開発
日本アドバンストアグリ、ラオス産有機栽培原料「100%ハーブティー」を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  4. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  5. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  6. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  9. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
  2. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  3. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る