【調査報告】台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015

台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photonics Festival in Taiwan)に参加・出展企業や関係者への継続的な取材を実施した。

完全人工光型植物工場の稼働施設数では世界で2番目に多いとされる台湾市場。大きな市場拡大が見込まれる中国市場に対しても、言語や文化・商習慣の壁がない台湾企業が進出拡大を進めている。
本調査では『人工光型』のみを対象とした市場規模・施設数の現状と今後の予測、代表的な参入事例(合計24社)、各社における植物工場野菜の商品分析・価格調査を実施した。

詳細資料(PDF)無料目次・購入サイト


【調査概要】
■ 調査期間:2013年6月~2015年6月
■ 調査対象:完全人工光型植物工場のみ
■ 調査方法:各企業・専門家への直接ヒアリング調査が中心

【完全人工光型植物工場】
植物工場とは、高度な環境制御(温度・湿度、CO2濃度、光量、肥料など)を行うことにより、野菜等の周年・計画生産が可能な施設園芸農業の一形態のこと。温室等で太陽光の利用を基本とし、人工光による補光や夏季の高温抑制技術等を用いて栽培する (1) 太陽光利用型、閉鎖環境で太陽光を用いずに栽培する (2) 完全人工光型の2つのタイプがあるが、本調査では (2) 完全人工光型(人工光型)のみを対象としている。


● 台湾では植物工場ブーム・国内に60ヶ所以上の施設が稼働

世界のLEDメーカーが集中する台湾。液晶TVにおけるLEDバックライト、一般照明用途に続き、台湾のLEDメーカーは今後の成長分野として完全人工光型植物工場に期待を寄せている。
台湾国内の人工光型・植物工場稼働数は約60ヶ所となっており、植物育成用ライトなど関連部品も含めると植物工場メーカーは100社以上が進出している。

● 植物工場設備プラント市場は2015年で29.4億円、2025年で100億円にまで拡大

設備プラント市場(累計)が2015年で29.4億円となり、2020年で63.2億円、2025年で100億円にまで拡大すると予測される。
日本のように補助金にて大規模施設の建設事例がないことから大型施設の施設稼働数も数件にとどまり、2025年においても1日1万株以上の植物工場は5件にも満たないことが予想される。

● 植物工場野菜の産出額は2015年で15億円、2025年で64.4億円にまで拡大

2015年における産出額が15億円、2020年が39.7億円、2025年が64.4億円となっている。

● 1日100株以下のリーフレタスを生産する植物工場が施設全体の50%以上

国内60ヶ所以上の施設のうち、大学・公的機関の研究施設や民間企業による試験栽培・デモプラントが多いため、1日100株以下のリーフレタスを生産する植物工場が施設全体の50%以上を占めており、300株/day以下まで対象を広げると全体の86%を占めている。

2025年においても100株/day以下の施設が全体の45%と大きな割合を占めていることが予想される。台湾の人口規模(2,337万人, 2013年)を考えると、国内市場は限定的であり、日本のように急速な施設数の拡大は見込めないだろう。
【調査報告】台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告】台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015

詳細資料(PDF)無料目次・購入サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  4. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
ページ上部へ戻る