【調査報告】台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015

台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photonics Festival in Taiwan)に参加・出展企業や関係者への継続的な取材を実施した。

完全人工光型植物工場の稼働施設数では世界で2番目に多いとされる台湾市場。大きな市場拡大が見込まれる中国市場に対しても、言語や文化・商習慣の壁がない台湾企業が進出拡大を進めている。
本調査では『人工光型』のみを対象とした市場規模・施設数の現状と今後の予測、代表的な参入事例(合計24社)、各社における植物工場野菜の商品分析・価格調査を実施した。

詳細資料(PDF)無料目次・購入サイト


【調査概要】
■ 調査期間:2013年6月~2015年6月
■ 調査対象:完全人工光型植物工場のみ
■ 調査方法:各企業・専門家への直接ヒアリング調査が中心

【完全人工光型植物工場】
植物工場とは、高度な環境制御(温度・湿度、CO2濃度、光量、肥料など)を行うことにより、野菜等の周年・計画生産が可能な施設園芸農業の一形態のこと。温室等で太陽光の利用を基本とし、人工光による補光や夏季の高温抑制技術等を用いて栽培する (1) 太陽光利用型、閉鎖環境で太陽光を用いずに栽培する (2) 完全人工光型の2つのタイプがあるが、本調査では (2) 完全人工光型(人工光型)のみを対象としている。


● 台湾では植物工場ブーム・国内に60ヶ所以上の施設が稼働

世界のLEDメーカーが集中する台湾。液晶TVにおけるLEDバックライト、一般照明用途に続き、台湾のLEDメーカーは今後の成長分野として完全人工光型植物工場に期待を寄せている。
台湾国内の人工光型・植物工場稼働数は約60ヶ所となっており、植物育成用ライトなど関連部品も含めると植物工場メーカーは100社以上が進出している。

● 植物工場設備プラント市場は2015年で29.4億円、2025年で100億円にまで拡大

設備プラント市場(累計)が2015年で29.4億円となり、2020年で63.2億円、2025年で100億円にまで拡大すると予測される。
日本のように補助金にて大規模施設の建設事例がないことから大型施設の施設稼働数も数件にとどまり、2025年においても1日1万株以上の植物工場は5件にも満たないことが予想される。

● 植物工場野菜の産出額は2015年で15億円、2025年で64.4億円にまで拡大

2015年における産出額が15億円、2020年が39.7億円、2025年が64.4億円となっている。

● 1日100株以下のリーフレタスを生産する植物工場が施設全体の50%以上

国内60ヶ所以上の施設のうち、大学・公的機関の研究施設や民間企業による試験栽培・デモプラントが多いため、1日100株以下のリーフレタスを生産する植物工場が施設全体の50%以上を占めており、300株/day以下まで対象を広げると全体の86%を占めている。

2025年においても100株/day以下の施設が全体の45%と大きな割合を占めていることが予想される。台湾の人口規模(2,337万人, 2013年)を考えると、国内市場は限定的であり、日本のように急速な施設数の拡大は見込めないだろう。
【調査報告】台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告】台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015

詳細資料(PDF)無料目次・購入サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  2. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  8. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  9. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  10. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  2. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  3. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る