【調査報告】台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015

台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photonics Festival in Taiwan)に参加・出展企業や関係者への継続的な取材を実施した。

完全人工光型植物工場の稼働施設数では世界で2番目に多いとされる台湾市場。大きな市場拡大が見込まれる中国市場に対しても、言語や文化・商習慣の壁がない台湾企業が進出拡大を進めている。
本調査では『人工光型』のみを対象とした市場規模・施設数の現状と今後の予測、代表的な参入事例(合計24社)、各社における植物工場野菜の商品分析・価格調査を実施した。

詳細資料(PDF)無料目次・購入サイト


【調査概要】
■ 調査期間:2013年6月~2015年6月
■ 調査対象:完全人工光型植物工場のみ
■ 調査方法:各企業・専門家への直接ヒアリング調査が中心

【完全人工光型植物工場】
植物工場とは、高度な環境制御(温度・湿度、CO2濃度、光量、肥料など)を行うことにより、野菜等の周年・計画生産が可能な施設園芸農業の一形態のこと。温室等で太陽光の利用を基本とし、人工光による補光や夏季の高温抑制技術等を用いて栽培する (1) 太陽光利用型、閉鎖環境で太陽光を用いずに栽培する (2) 完全人工光型の2つのタイプがあるが、本調査では (2) 完全人工光型(人工光型)のみを対象としている。


● 台湾では植物工場ブーム・国内に60ヶ所以上の施設が稼働

世界のLEDメーカーが集中する台湾。液晶TVにおけるLEDバックライト、一般照明用途に続き、台湾のLEDメーカーは今後の成長分野として完全人工光型植物工場に期待を寄せている。
台湾国内の人工光型・植物工場稼働数は約60ヶ所となっており、植物育成用ライトなど関連部品も含めると植物工場メーカーは100社以上が進出している。

● 植物工場設備プラント市場は2015年で29.4億円、2025年で100億円にまで拡大

設備プラント市場(累計)が2015年で29.4億円となり、2020年で63.2億円、2025年で100億円にまで拡大すると予測される。
日本のように補助金にて大規模施設の建設事例がないことから大型施設の施設稼働数も数件にとどまり、2025年においても1日1万株以上の植物工場は5件にも満たないことが予想される。

● 植物工場野菜の産出額は2015年で15億円、2025年で64.4億円にまで拡大

2015年における産出額が15億円、2020年が39.7億円、2025年が64.4億円となっている。

● 1日100株以下のリーフレタスを生産する植物工場が施設全体の50%以上

国内60ヶ所以上の施設のうち、大学・公的機関の研究施設や民間企業による試験栽培・デモプラントが多いため、1日100株以下のリーフレタスを生産する植物工場が施設全体の50%以上を占めており、300株/day以下まで対象を広げると全体の86%を占めている。

2025年においても100株/day以下の施設が全体の45%と大きな割合を占めていることが予想される。台湾の人口規模(2,337万人, 2013年)を考えると、国内市場は限定的であり、日本のように急速な施設数の拡大は見込めないだろう。
【調査報告】台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告】台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015

詳細資料(PDF)無料目次・購入サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  2. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  3. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  4. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  9. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  3. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  4. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
ページ上部へ戻る