オムロンベンチャーズ、有機栽培・エコグリーンハウス開発企業 「オーガニックnico」へ出資

オムロンベンチャーズ株式会社は、有機・自然農法による野菜の生産販売、生産技術の開発を行う株式会社オーガニックnicoへ出資を実施した。オーガニックnicoは、土と生態系を生かした世界トップレベルの生産性の有機農場の実践・普及を目指す企業である。

オーガニックnicoの有機・自然農法は、農薬化学肥料を使用せず、有機質肥料や天然由来農薬に頼りすぎない、土と生態作りを基本としている。土作りを中心とする有機農法のシェアは、日本で0.4%と現状は低いが、同社では2025年に日本における有機農産物のシェアを25%まで引き上げて、有機農産物が当たり前になることを目指した「ニコニコ(2525)運動」を実施している。

また、自然エネルギーを最大限に利用した「エコグリーンハウス」は、量産モデルの発売を今秋開始する予定であり、同モデルは、職人芸を可視化し、省人化と安定生産を実現する計測制御システムでオムロン製のPLC(プログラマブルコントローラ)が使用されている。同モデルは2015年10月14~16日に幕張メッセで開催される、日本最大級の農業商談展「第5回 国際 農業資材EXPO」に出展する(写真:同社WEBサイトより引用)。
オムロンベンチャーズ、有機栽培・エコグリーンハウス開発企業 「オーガニックnico」へ出資

株式会社オーガニックnico会社概要
会社名:株式会社オーガニックnico
代表取締役社長:中村 新
所在地:京都市西京区大原野灰方町128
資本金:1910万円
設立:2010年5月18日
事業内容:有機・自然農法による野菜の生産販売、生産技術の開発
ホームページ:http://organic-nico.com/
中村新氏について
代表取締役社長の中村氏はオムロンの出身で、20年にわたって光を用いたセンサーの研究開発・商品企画を担当。その後ベンチャー企業、農業の従事を経て、2010年にオーガニックnicoを設立しました。これまでの経験を活かした有機農法の研究開発に取り組み、「最新の技術を用いて自然の力を最大限に引き出す」コンセプトの具現化に向けて取り組んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  3. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  6. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  7. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  10. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
ページ上部へ戻る