オムロンベンチャーズ、有機栽培・エコグリーンハウス開発企業 「オーガニックnico」へ出資

オムロンベンチャーズ株式会社は、有機・自然農法による野菜の生産販売、生産技術の開発を行う株式会社オーガニックnicoへ出資を実施した。オーガニックnicoは、土と生態系を生かした世界トップレベルの生産性の有機農場の実践・普及を目指す企業である。

オーガニックnicoの有機・自然農法は、農薬化学肥料を使用せず、有機質肥料や天然由来農薬に頼りすぎない、土と生態作りを基本としている。土作りを中心とする有機農法のシェアは、日本で0.4%と現状は低いが、同社では2025年に日本における有機農産物のシェアを25%まで引き上げて、有機農産物が当たり前になることを目指した「ニコニコ(2525)運動」を実施している。

また、自然エネルギーを最大限に利用した「エコグリーンハウス」は、量産モデルの発売を今秋開始する予定であり、同モデルは、職人芸を可視化し、省人化と安定生産を実現する計測制御システムでオムロン製のPLC(プログラマブルコントローラ)が使用されている。同モデルは2015年10月14~16日に幕張メッセで開催される、日本最大級の農業商談展「第5回 国際 農業資材EXPO」に出展する(写真:同社WEBサイトより引用)。
オムロンベンチャーズ、有機栽培・エコグリーンハウス開発企業 「オーガニックnico」へ出資

株式会社オーガニックnico会社概要
会社名:株式会社オーガニックnico
代表取締役社長:中村 新
所在地:京都市西京区大原野灰方町128
資本金:1910万円
設立:2010年5月18日
事業内容:有機・自然農法による野菜の生産販売、生産技術の開発
ホームページ:http://organic-nico.com/
中村新氏について
代表取締役社長の中村氏はオムロンの出身で、20年にわたって光を用いたセンサーの研究開発・商品企画を担当。その後ベンチャー企業、農業の従事を経て、2010年にオーガニックnicoを設立しました。これまでの経験を活かした有機農法の研究開発に取り組み、「最新の技術を用いて自然の力を最大限に引き出す」コンセプトの具現化に向けて取り組んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  2. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  3. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  4. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  5. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  10. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  2. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
ページ上部へ戻る