ニュージーランド政府、植物工場などの最新技術テーマに15億円を投資

 ニュージーランド政府では「がん治療」「植物工場」などの科学研究開発プログラムとして、約15.6億円(1,440万ドル)を投じる計画を発表した。

多くの患者を救うため、そして、低炭素・環境保全を実現しながら高収量・高品質の食料を生産するための植物工場に高い期待が集まっている。

ニュージーランド政府、植物工場などの最新技術テーマに15億円を投資
Sun Mediaより
本プログラムは、民間企業や公的研究機関による「産学連携」での基礎研究にも適用される。

単なる野菜を生産する植物工場だけでなく、UV(紫外線)や特殊波長ライトの照射方法、新しい病気や過酷環境下でも育つ新品種の開発、苗の生産方法なども含まれている。

政府としては、多くのニーズがあり、高い成長性が予測される最新テーマへの研究開発を支援することで、世界の競争力を高め・ニュージーランドにおける経済成長のけん引役として確立する計画である。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。