サカタのタネ、種子と土と容器がセットの入門者向け栽培キット3商品を発売

 サカタのタネは、種子・土・容器がセットになった入門者向け栽培キット『タネッコボウル』等、3商品を2015年7月から発売する。土や肥料、容器など栽培に使う用具を準備する必要がなく、未経験者でもすぐに始められるのが特徴。手軽に野菜やハーブの栽培を楽しむことができ、キッチンガーデンなどに最適である。

サカタのタネ、種子と土と容器がセットの入門者向け栽培キット3商品を発売

『タネッコボウル』は直径13cm、高さ8cmのプラスチック製の蓋付きカップ、乾燥・圧縮させた培養土と野菜やハーブの種子がセットになっている。カップに入った培養土は水やぬるま湯を掛けると膨らみ、10分程度でタネがまける状態になる。

培養土には初期肥料が含まれているため、ガーデンレタスならタネまき後、水を適宜与えるだけで約1か月後から収穫できる(※1)。土もこぼれず、手もほとんど汚れないため、リビングやキッチン、玄関などでも気軽に作業が可能となる。

また培養土はヤシの繊維を加工したココピートが主成分のため、使用後に乾かしてから可燃ゴミとして捨てることができる。品目は野菜がガーデンレタス、葉ネギ、ミズナの3種類、ハーブはスイートバジル、レモンバーム、ルッコラの3種類の計6種類。同商品は全国のホームセンター、園芸店などで2015年7月から発売する。
価格はオープンとなっているが、実勢予想価格は500円程度。

※1 生育期間や成長の仕方は栽培環境により異なります。1か月以上の栽培の場合は薄めた液肥で追肥を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  2. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  3. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  4. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  5. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  6. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  7. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  8. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  9. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  10. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  3. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  4. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
ページ上部へ戻る