サカタのタネ、種子と土と容器がセットの入門者向け栽培キット3商品を発売

 サカタのタネは、種子・土・容器がセットになった入門者向け栽培キット『タネッコボウル』等、3商品を2015年7月から発売する。土や肥料、容器など栽培に使う用具を準備する必要がなく、未経験者でもすぐに始められるのが特徴。手軽に野菜やハーブの栽培を楽しむことができ、キッチンガーデンなどに最適である。

サカタのタネ、種子と土と容器がセットの入門者向け栽培キット3商品を発売

『タネッコボウル』は直径13cm、高さ8cmのプラスチック製の蓋付きカップ、乾燥・圧縮させた培養土と野菜やハーブの種子がセットになっている。カップに入った培養土は水やぬるま湯を掛けると膨らみ、10分程度でタネがまける状態になる。

培養土には初期肥料が含まれているため、ガーデンレタスならタネまき後、水を適宜与えるだけで約1か月後から収穫できる(※1)。土もこぼれず、手もほとんど汚れないため、リビングやキッチン、玄関などでも気軽に作業が可能となる。

また培養土はヤシの繊維を加工したココピートが主成分のため、使用後に乾かしてから可燃ゴミとして捨てることができる。品目は野菜がガーデンレタス、葉ネギ、ミズナの3種類、ハーブはスイートバジル、レモンバーム、ルッコラの3種類の計6種類。同商品は全国のホームセンター、園芸店などで2015年7月から発売する。
価格はオープンとなっているが、実勢予想価格は500円程度。

※1 生育期間や成長の仕方は栽培環境により異なります。1か月以上の栽培の場合は薄めた液肥で追肥を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  2. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  9. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  10. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  2. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
ページ上部へ戻る