カタール・中東における農業戦略からみる「コンテナ式植物工場」の需要・ニーズについての考察

先日掲載した記事(コンテナ型の植物工場をカタールへ販売)の「コンテナ式植物工場」は、断熱仕様のコンテナ(長さ12.2メートル、幅2.4メートル、高さ2.9メートル)に、空調設備や、水を濾過(ろか)して再利用する水処理設備、省エネの発光ダイオード(LED)などを使った照明設備を完備しており、最大2,000株のレタスや小松菜などの葉物野菜を栽培するこができる(1日当たりの収穫量は50株)
 
コンテナ型の植物工場をカタールへ販売:三菱化学・フェアリーエンジェル・シーシーエス
 
主に商用電源を使用しながら、太陽電池やリチウムイオン二次電池などの併用型となっており、価格は1台5000万円ほど。さらに、太陽電池やリチウムイオン電池を増やしたシステムとなると、6000〜7000万円ほどになるという。
 
 
今回の納入コンテナの場合、例えば1株を500円で販売した場合(一日50株、365日稼働させたと仮定)、売上が年間で900万円強となり、電力コスト・人件費などを考えると、純粋にビジネスとしては難しいものがあるかもしれない。日本ブランドの果物の場合、ロシアや香港、北京・上海などの百貨店では、日本における販売価格の10倍もの価格設定がされている所もあるので、野菜でも売り方次第では、多少は高値で販売可能ではあるだろう。
 
 
太陽電池とリチウムイオン二次電池システムは三洋電機が、LED照明装置はシーシーエスが、栽培ノウハウはフェアリーエンジェルが、温度管理コンテナは日本フルハーフがそれぞれ開発・提供した。今回のコンテナ式植物工場を中東を中心に年間10基ほどを販売する計画を立てているようだが、その第一号の販売国である「カタール」の農業事情について、ここでは少しまとめたいと思う。
 
 
中東諸国においても、国によって農業戦略が異なる。それは栽培環境(気候や土壌条件など)だけでなく、資金的な余裕(石油資源などによる収入額)や文化・歴史なども関係しており、砂漠が多い中東諸国が全て同じような農業政策(戦略)を行っているわけではない点には注意が必要である。今回はカタールについてのみ記載した。
 
 
カタールは、石油よりも天然ガスの埋蔵量が多く、特に天然ガス(液化天然ガスLNG)を輸出しており、ガス産業が主要産業となっており、国内における農業従事者は非常に少ない。農業分野における労働人口は3000人ほど(2004年FAOのデータによる)。総人口が62万人を占める中で、国内における農業従事者は、人口比率に対してわずか1%程度である。
 
 
また、中東における大国のサウジアラビアと比較すると、カタールは経済規模も小さいが、一人当たりGDPで見ると、GCC諸国の中でトップ(2006年)となっており、非常に豊かな国であることが分かる。 ※ GCC諸国:サウジアラビア、アラブ首長国連邦、クウェート、カタール、バーレーン、オマーンの六ヵ国。
 
 
カタールは農業資源には恵まれておらず、ナツメヤシで1万7000トンと少し多いものの、トマトやメロン、ナスといった農作物は年間:3500〜5000トン程度の収穫量である(2005年FAO)。特に、米や小麦といった穀物の輸入依存度が高く(3000〜3500トン程度を輸入している)、生鮮野菜も17050トンの輸入(2004年FAO)していることから、野菜の国内消費に対して、その多くを他国からの輸入に頼っているのが現状である
 
 
中東諸国は石油資源などの収入の多くを、他国からの食料輸入・確保に充てている国が多く、中でも人口増加・水資源の確保・砂漠化(土壌が適さない)などが原因となり、サウジアラビアやUAEでは、自国内での栽培には力を入れず、安く余っている海外農地の確保を優先している国も現れている
 
 
サウジアラビアでは、インドネシアで160万haスーダンで1万haの農地を借り上げ、UAEでは、パキスタンから50万haの土地を購入、スーダンからも40万haの土地取引契約が成立している。その国の法律によって土地の長期リース契約を結ぶこともあれば、実質的な土地の購入を政府と民間企業が共同で行っているケースもある。
 
 
上記のように、サウジアラビアやUAEは、アフリカ大陸だけでなく東南アジア(イスラム圏)の海外農地獲得に向けても、積極的に動き出している。では、カタールはどうだろうか?
 
 
公開されている現時点のニュースでは、そこまで積極的ではないものの、既にスーダン国内への農業投資を目的とする共同事業を設立させており、やはりカタールでも、国内農地での栽培よりも、安く手に入る広大な海外農地の獲得を、徐々にではあるものの進めているようだ。ただし海外農地における「異常気象による農作物の大打撃、現地労働者の反発、政治的な問題・状況の変化」などにより、期待していた食料が確保できなくなる可能性は大いにある。
 
 
こうした食料安全保障の観点からも、さらには世界的な異常気象にも対応できるように、自国内でも野菜栽培システムを、いくつか稼働させておくことは十分に考えられる(もちろん、推測の域を出ないが)。よって、資金的な余裕があるカタールでは、今後もこのような植物工場(ある程度の閉鎖空間による農作物の栽培技術)に関連した技術が必要とされるのではないだろうか。引き続きカタール政府の農業戦略を観察し続け、変化があれば情報を掲載していきたいと思う。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  2. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  3. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  4. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  7. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  8. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る