農園を併設したドイツ式の滞在型アウトドア施設を茨城県桜川市にて2022年オープン

株式会社ヴァリとグランドデザイン株式会社は、ドイツ式滞在型市民農園システムである「クラインガルテン」のシステムを取り入れた「滞在型アウトドア施設・森と蔵(モリトクラ)in 桜川市[moritokura in sakuragawa](仮称)の開発・建設を開始する。

また、桜川市および当施設への誘致を強化するため「地方創生二地域居住プロジェクト」の立ち上げについて合意、業務提携契約を締結した。

農園を併設したドイツ式の滞在型アウトドア施設を茨城県桜川市にて2022年オープン
当施設では、雄大な自然に囲まれた環境に、8棟の西洋式住居棟を建設、農園を併設します。

また住居棟に隣接するエリアには、テナントスペースやコミュニティエリアを設け、アクティビティなどもお楽しみいただける複合施設を設置します。

二地域居住&ワーケーション&エンターテインメントをテーマに、いつでもだれもが気軽に参加し、自然と触れ合える新しいサービスをご提供します。

共働き応援不動産をテーマに桜川市にて不動産業、建設業での多数の実績を持つグランドデザインと、アプリやゲームの企画開発運営、システム開発、UI/UXデザインに多数の実績を持つヴァリが共同にて、二地域居住の利用促進につなげるサービス展開を行ってまいります。

ヴァリは内閣府が設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」参画企業でもあり、地方創生を推進しております。


桜川市は古来より「西の吉野、東の桜川」と称されるほどの桜の名所で、都内から1時間半圏内とアクセスも良好、豊かな自然と歴史のある史跡に恵まれた二地域居住に最適な地方都市です。

ゴルフなどのスポーツや、多種多様なアクティビティを絶好のロケーションで楽しむことができます。私たちは、「森と蔵」が、皆様にとってのもう一つのふるさとになってほしいと願っています。

昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大防止と社会経済活動との両立が求められる中、地方都市と都会での二地域居住が注目されており、地方分散型の生活様式に移行していく過渡期となります。

自然環境が優れている地方都市は日本中に多数あり、そういった地方都市のスポットを有効活用することによって、地方産業の発展に貢献してまいります。

当プロジェクトでは、デジタルを活用し、人が一か所にとどまることなく「教育」+「エンタメ」+「仕事」を行うことができる二地域居住の新しいモデルケースをご提案します。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。