クボタファーム「おれん家農園」にてムスカ有機肥料の実証実験を開始

ハエの力を活用した高効率なバイオマスリサイクルにより、有機廃棄物を1週間で肥料と飼料に転換するシステムを開発する株式会社ムスカは、株式会社クボタが農業機械化と先端農法の実証活動を行う農場”クボタファーム”「おれん家(ぢ)農園」において、ムスカ有機肥料の実証実験を行う。

クボタファーム「おれん家農園」にてムスカ有機肥料の実証実験を開始
▼本取組について
株式会社関東甲信クボタの運営する”クボタファーム”おれん家(ぢ)農園の圃場(⻑野県上田市)にて、ムスカ有機肥料もしくは既存の肥料を与えて栽培したブロッコリーの生育状況や収量等を比較分析することで、ムスカ有機肥料の有効性を検証します。

ムスカは、本取組により、昆虫を活用した持続可能な循環型農業の実現に向けて、より一層尽力して参ります。


▼クボタファームとは
クボタファームは、クボタが農業に参画し、日本農業がこれから必要とする低コスト、省力、精密技術を実践・実証する場として、また入り口から出口までのトータルソリューションにトライアルする農場

クボタファーム「おれん家農園」にてムスカ有機肥料の実証実験を開始
クボタファームクボタファーム
https://agriculture.kubota.co.jp/kubota-farm/index.html


【ムスカ会社概要】
約50年間、1,200世代に及び優良種を選別交配したイエバエの種を活用し、1週間で有機廃棄物を飼料と肥料に分解する超効率バイオマスリサイクルシステムを開発。

生成される飼料については、魚類を用いた実験により耐病性付与及び増体効果が、肥料については、主要な植物病原菌に対する抗菌作用が、いずれも大学との共同研究により確認された。

価値の低い廃棄物から高い機能性を持つ飼料及び肥料を効率的に生成するこのシステムをいち早く商業化し、究極の持続可能な循環型社会の実現を目指す。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。