西友「カロリーオフセットプログラム」がリニューアル。地場・契約野菜を購入することで、アフリカの子どもたちに野菜を届ける

 NPO法人TABLE FOR TWO International(TFT)に賛同した合同会社西友は、これまで健康やカロリーに配慮した惣菜で実施してきた「カロリーオフセットプログラム」をリニューアルし、7月1日より、地場/契約野菜・果物の売上の一部を、開発途上国における農業支援のために寄付する。

「西友の地場/契約野菜・果物を買うことが、アフリカの子どもたちに野菜を届けることつながる」、野菜で世界をつなぐプログラムです。

西友「カロリーオフセットプログラム」がリニューアル。地場・契約野菜を購入することで、アフリカの子どもたちに野菜を届ける

野菜売場でのPOP野菜売場でのPOP
西友では、生産者の顔が見える野菜へのニーズの高まりや、より鮮度が高い商品を提供できることから、地場/契約野菜・果物の品揃えを年々強化し、その売上も2018年度は前年比で約10%伸長しております。また、今後も契約農家数を増やす計画です。

西友「カロリーオフセットプログラム」がリニューアル。地場・契約野菜を購入することで、アフリカの子どもたちに野菜を届ける
カロリーオフセットプログラムの対象商品は、地場/契約野菜・果物全商品で、ほうれん草、長ねぎ、チェリートマトなど約30品目です。

店頭では、「カロリーオフセットプログラム」の取り組みをPOPで紹介し、このプログラムがアフリカの野菜作りを応援することにつながることをお伝えしていきます。


■西友のカロリーオフセットプログラム
西友では、2015年4月より、健康やカロリーに配慮した惣菜の売上の一部を、開発途上国の農業支援のために寄付する「カロリーオフセットプログラム」を実施しており、2018年末までに合計3,500万円以上を寄付してきました。今回のリニューアルに伴い、寄付の対象商品が、惣菜から地場野菜に切り替わります。


■アフリカへ給食を届けよう募金
さらに西友では、“アフリカ東部とアジアの特定地域での学校給食を提供する”というTFTの創設以来の活動に賛同し、店舗のレジに設置されている「寄付カード」を会計の際に提示し、お客様が決めた金額を買物の精算とあわせて寄付できるレジ募金で「アフリカへ給食を届けよう募金」を実施しています。

年間のレジ募金金額に、西友がその同額を上乗せ(マッチング)しての寄付も行っており、2015年5月のプログラム開始から2018年末までに、お客様からの寄付と合わせて合計2,670万円以上を寄付しました。

これによって、133万食超の学校給食を届けることができました。これは、約2,200人の子どもたちの3年分の給食費に相当します。


【「カロリーオフセットプログラム」について】
http://jp.tablefor2.org/calorieoffset/
先進国の余分なカロリーを開発途上国で必要なカロリーに変換する日本初のプログラムです。

健康を意識してカロリーを抑えている商品や、体を動かすことでカロリーを消費できる商品・サービス、およびイベント企画をお客さまが購入することで、カロリーをオフセット(「差し引き勘定」「埋め合わせ」)でき、売上の一部が寄付金となります。

寄付金は、開発途上国での菜園づくりを通じて農業生産向上の支援やインフラ整備に利用され、自発的にカロリーを生み出すための支援に充てられます。


【支援先について】
アフリカのケニア、タンザニア、マラウイ、エチオピアなどにて、農業支援プロジェクトを実施しています。

西友「カロリーオフセットプログラム」がリニューアル。地場・契約野菜を購入することで、アフリカの子どもたちに野菜を届ける
支援先のひとつであるタンザニア ダルエスサラーム近郊の小学校に設置された学校菜園では、8~10種類ほどの野菜を栽培し、学校給食の材料として活用しています。

生徒たちは、授業で野菜の栄養と食べ方について学び、6年生になると、班に分かれて菜園の手入れをするようになります。学んだ野菜の知識や農業技術を家で実践する生徒も出てきています。

本プロジェクトを通じて、子どもたちや農家の知識向上に努め、いずれは学校・家庭で必要な食料を自ら賄えるようになることを目指しています。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。