大日本住友製薬、太陽光利用型植物工場による障がい者雇用へ

 大日本住友製薬株式会社は、当社の子会社であるニチエイ産業株式会社の100%出資子会社として、精神障がいのある方が、生き生きと働く場を創出することを目的に、2018年7月に「株式会社ココワーク」を設立する。
新会社は、2019年2月より事業を開始し、事業開始後に「特例子会社」の認定を申請する予定です。


【新会社の設立の目的】
当社が注力している精神神経領域における社会的課題である精神障がいのある方の雇用を促進することを目的に、農業を行う子会社を設立することにしました。

新会社は、精神障がいのある方の自立を目指し、葉物野菜などの太陽光型水耕栽培に取り組みます。


【新会社の概要】
 (1)会社名:株式会社ココワーク
 (2)本店所在地:大阪市中央区平野町2-5-4(ニチエイ産業 本社内)
 (3)農場所在地:大阪府吹田市江の木町33-94(大日本住友製薬 総合研究所内)
 (4)代表取締役:渡辺 晶子
 (5)従業員数(事業開始時):8名予定(うち障がい者 5名予定)
 (6)資本金:3,000万円
 (7)事業内容:農産物の生産と販売


特例子会社:「障害者雇用の促進等に関する法律」に基づき、企業が障がい者雇用を目的に設立する子会社のことです。

親会社が障がい者の雇用に特別な配慮をした子会社を設立した場合、一定の要件を満たし厚生労働大臣の認定を受けることで、親会社と合わせて障がい者の雇用率を算定できます。

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。