初心者でも手軽に始めることができる家庭用・水耕栽培キットを各社販売。原発・野菜価格高騰などに反応して消費者行動にも変化

震災・原発による放射能問題の影響を受け、消費者における食に関する考え方や行動にも大きな変化があった。直近の野菜価格高騰も含め、植物工場など閉鎖空間で栽培した野菜を選択する消費者が増えたことは間違いない。また、窓辺の室内やベランダなどで水耕栽培を始める人も急増しており、今回は参考になる商品をいくつかご紹介しておく。
 
 
プラスチック成形のメーカーである冨永樹脂工業所が発売する水耕栽培キット「アクアプランターフロートセット」と「アクアプランターフロートミニ」は、ともに1000円前後で購入できることから、水耕栽培・初心者でも気軽に始めることができる。
 
 
仕組みは至ってシンプルで、スポンジをセットしたプラスチックの容器に、水道の水2リットル(「ミニ」は約450ミリ・リットル)に、付属の肥料を入れて、かき混ぜた「養液」を注ぐだけ。また、植物の種はスポンジの上に均一に置き、日当たりが良い場所に置き、夏場なら1週間に1回、秋冬なら10日〜2週間に1度程度、水を入れ替えるほかは、特に手入れの必要はない。ハーブ類や花のほか、ベビーリーフや小松菜など葉もの野菜も育てられる。同社は「食材でちょっと使う野菜ができて便利」と話す。

<同社には様々な水耕栽培キットを販売している(写真はアクアプランターフロートミニ)>

 
 
もう一つの商品は「みのる化成」が製造販売している「パワーズポット」。特徴は、土に植えたものを途中で水耕栽培に移せるキットということ花屋などで好きな花や野菜の苗を買ってきて、根に土が付いたままの状態でセットできる。根は水耕栽培に徐々に適応して育っていくという。さらに後で、もう一度、土に戻すこともできる。
 
 
ハーブや葉野菜、花など、実を食べないような植物なら、簡単に育てられる。ナスやオクラなども育てられるが、大根などの根菜類は向いていない、という。セッティングもシンプルであり、〈1〉水道の水約14リットルに付属の肥料を入れて養液を作り、キットの器に注ぐ、〈2〉植え付け台に植物をセットして器の上部にはめ込む、〈3〉電源を入れると、養液から気泡が出て、それが根に飛散して栄養分が行き渡る、というプロセスである。
 
 
水位が下がれば、水道水を足し注ぐ。植物を交換するときや、観葉植物や花などを継続して長期間、栽培するときは2年に1度、養液を交換する。ポットが三つあるため、最大三つの植物を同時に育てられる、という。家庭用の水耕栽培装置については、過去にも様々な商品をご紹介してきた(例えば、Click & Growの事例など)。今後も面白い商品があれば、色々とご紹介していきたい。<参考:読売新聞など>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  2. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  3. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  4. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  5. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  8. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  9. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  10. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
  2. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
ページ上部へ戻る