初心者でも手軽に始めることができる家庭用・水耕栽培キットを各社販売。原発・野菜価格高騰などに反応して消費者行動にも変化

震災・原発による放射能問題の影響を受け、消費者における食に関する考え方や行動にも大きな変化があった。直近の野菜価格高騰も含め、植物工場など閉鎖空間で栽培した野菜を選択する消費者が増えたことは間違いない。また、窓辺の室内やベランダなどで水耕栽培を始める人も急増しており、今回は参考になる商品をいくつかご紹介しておく。
 
 
プラスチック成形のメーカーである冨永樹脂工業所が発売する水耕栽培キット「アクアプランターフロートセット」と「アクアプランターフロートミニ」は、ともに1000円前後で購入できることから、水耕栽培・初心者でも気軽に始めることができる。
 
 
仕組みは至ってシンプルで、スポンジをセットしたプラスチックの容器に、水道の水2リットル(「ミニ」は約450ミリ・リットル)に、付属の肥料を入れて、かき混ぜた「養液」を注ぐだけ。また、植物の種はスポンジの上に均一に置き、日当たりが良い場所に置き、夏場なら1週間に1回、秋冬なら10日〜2週間に1度程度、水を入れ替えるほかは、特に手入れの必要はない。ハーブ類や花のほか、ベビーリーフや小松菜など葉もの野菜も育てられる。同社は「食材でちょっと使う野菜ができて便利」と話す。

<同社には様々な水耕栽培キットを販売している(写真はアクアプランターフロートミニ)>

 
 
もう一つの商品は「みのる化成」が製造販売している「パワーズポット」。特徴は、土に植えたものを途中で水耕栽培に移せるキットということ花屋などで好きな花や野菜の苗を買ってきて、根に土が付いたままの状態でセットできる。根は水耕栽培に徐々に適応して育っていくという。さらに後で、もう一度、土に戻すこともできる。
 
 
ハーブや葉野菜、花など、実を食べないような植物なら、簡単に育てられる。ナスやオクラなども育てられるが、大根などの根菜類は向いていない、という。セッティングもシンプルであり、〈1〉水道の水約14リットルに付属の肥料を入れて養液を作り、キットの器に注ぐ、〈2〉植え付け台に植物をセットして器の上部にはめ込む、〈3〉電源を入れると、養液から気泡が出て、それが根に飛散して栄養分が行き渡る、というプロセスである。
 
 
水位が下がれば、水道水を足し注ぐ。植物を交換するときや、観葉植物や花などを継続して長期間、栽培するときは2年に1度、養液を交換する。ポットが三つあるため、最大三つの植物を同時に育てられる、という。家庭用の水耕栽培装置については、過去にも様々な商品をご紹介してきた(例えば、Click & Growの事例など)。今後も面白い商品があれば、色々とご紹介していきたい。<参考:読売新聞など>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  2. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  3. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  4. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  5. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  6. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  2. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  3. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  4. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
ページ上部へ戻る