初心者でも手軽に始めることができる家庭用・水耕栽培キットを各社販売。原発・野菜価格高騰などに反応して消費者行動にも変化

震災・原発による放射能問題の影響を受け、消費者における食に関する考え方や行動にも大きな変化があった。直近の野菜価格高騰も含め、植物工場など閉鎖空間で栽培した野菜を選択する消費者が増えたことは間違いない。また、窓辺の室内やベランダなどで水耕栽培を始める人も急増しており、今回は参考になる商品をいくつかご紹介しておく。
 
 
プラスチック成形のメーカーである冨永樹脂工業所が発売する水耕栽培キット「アクアプランターフロートセット」と「アクアプランターフロートミニ」は、ともに1000円前後で購入できることから、水耕栽培・初心者でも気軽に始めることができる。
 
 
仕組みは至ってシンプルで、スポンジをセットしたプラスチックの容器に、水道の水2リットル(「ミニ」は約450ミリ・リットル)に、付属の肥料を入れて、かき混ぜた「養液」を注ぐだけ。また、植物の種はスポンジの上に均一に置き、日当たりが良い場所に置き、夏場なら1週間に1回、秋冬なら10日〜2週間に1度程度、水を入れ替えるほかは、特に手入れの必要はない。ハーブ類や花のほか、ベビーリーフや小松菜など葉もの野菜も育てられる。同社は「食材でちょっと使う野菜ができて便利」と話す。

<同社には様々な水耕栽培キットを販売している(写真はアクアプランターフロートミニ)>

 
 
もう一つの商品は「みのる化成」が製造販売している「パワーズポット」。特徴は、土に植えたものを途中で水耕栽培に移せるキットということ花屋などで好きな花や野菜の苗を買ってきて、根に土が付いたままの状態でセットできる。根は水耕栽培に徐々に適応して育っていくという。さらに後で、もう一度、土に戻すこともできる。
 
 
ハーブや葉野菜、花など、実を食べないような植物なら、簡単に育てられる。ナスやオクラなども育てられるが、大根などの根菜類は向いていない、という。セッティングもシンプルであり、〈1〉水道の水約14リットルに付属の肥料を入れて養液を作り、キットの器に注ぐ、〈2〉植え付け台に植物をセットして器の上部にはめ込む、〈3〉電源を入れると、養液から気泡が出て、それが根に飛散して栄養分が行き渡る、というプロセスである。
 
 
水位が下がれば、水道水を足し注ぐ。植物を交換するときや、観葉植物や花などを継続して長期間、栽培するときは2年に1度、養液を交換する。ポットが三つあるため、最大三つの植物を同時に育てられる、という。家庭用の水耕栽培装置については、過去にも様々な商品をご紹介してきた(例えば、Click & Growの事例など)。今後も面白い商品があれば、色々とご紹介していきたい。<参考:読売新聞など>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  7. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  8. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  2. メトロ・アトランタが都市型農業を拡大するために米国農務省から約2,500万円の補助金を獲得
     非営利団体のメトロ・アトランタ・アーバンファームは米国農務省(USDA)から約2,500万円の助成…
  3. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  4. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
ページ上部へ戻る