【補足】繊維機械分野の津田駒工業/植物工場事業に新規参入。今後の成功可能性・ヒントについて

【補足情報】実験的に栽培していた津田駒工業では、昨年8月から栽培実験を開始したが、今年9月には津田駒工業の敷地内に約75平方メートルの新たな実験プラントを完成させ、サンチュなど4品種の野菜の栽培を始めたようだ。現在は3人の担当者が1日20株を生産しており、2012年9月以降は月産6千株を目指している今後は、繊維機械生産の技術や納期管理のノウハウを植物工場に生かし、安定した栽培技術を確保し、一定量の供給体制を築く方針で、植物工場の生産プラントの販売も計画している、という。

 
 
繊維機械分野などを主力事業とする津田駒工業は、09年8月に約1500万円を投じ、本社の野町工場(金沢市)の遊休施設を一部改良して植物工場を設置。完全子会社で保険代理業を手掛けるツダコマ・ゼネラル・サービスで栽培の実験を開始した。
 
 
LED照明の波長・照射方法と野菜の成長に関する栽培実験を行いながら、2012年9月をめどに月6000株を生産・販売する計画であるが、まずは実験システムで生産した「わさび菜、サンチュ」など5種類の葉野菜;600株(月)を販売しながら、市場調査・販路拡大を実施する。
 
 
報道によると、販売開始の初年度は赤字になる見通しだが、早期に黒字化できれば、植物工場のシステムを外販する方針のようだが、同じように照明や空調、養液メーカーといった植物工場に直接関係する技術系企業とは異なる分野(例:建設業や製造業)からの過去の参入事例から判断する限り、黒字化(ここでは営業利益を想定)を達成できた企業はゼロに近い。今回のケースでは、最終的には月6000株、つまり日産でいうと「200株」ほどの植物工場であり、小型の栽培システムに分類される。
 
 
最近の傾向でもある飲食・小売店向けの店舗併設型の植物工場用であれば、将来的にも可能性があるかもしれないが(それでも、既にライバル企業は多い)、野菜の生産・販売のみの事業モデルで考えた場合、あまりにも規模が小さく、生産コストが高くなることが予想される<あくまで当法人の見解であるが、最低でも日産1000株程度は必要だと考えている>。
 
 

ただし、実験的な栽培システムの整備に約1500万円を投じているが、もう少し初期投資を下げることができ、品質も高い野菜を生産・販売できるようになれば、販路の拡大には、それほど苦労しないレベルである。同規模設備(日産:200株程度)を持つ、その他の参入企業のケースを見る限り、大規模生産モデルのように販売先の開拓に苦戦することはない。この程度の生産量であれば外食・小売といった販路・ネットワークを持たない業種であっても、地場のスーパー・直売所「流通コストを抑えた地産地消モデル」、ネット販売等で充分にさばける量である。
 
 
計画通りに黒字化を達成することは非常にハードルの高いチャレンジかもしれないが、それでも他社にない技術や事業モデル、その他のプロモーション方法を実現・確立することを期待したい。同社の植物工場事業について、今後とも継続的に追いかけていきたい。
 

津田駒工業の売上高:126億5200万円(09年12月?10年5月期の連結決算)/最終損益は10億4600万円の赤字。10年11月期の売上高は325億円(前期は133億円)を見込む。

 
繊維機械分野の津田駒工業。植物工場事業に新規参入。成功の可能性・ヒントについて

写真は読売新聞より

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  7. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  8. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  9. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
  2. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
ページ上部へ戻る