パナソニック、強風や積雪などの気象災害に強いパッシブハウス型農業システムを発売

 パナソニック株式会社・エコソリューションズ社は、強風や積雪などの気象災害に強いパッシブハウス型農業システム「パナソニック低コスト耐候性ハウス」2タイプを2016年1月29日に発売する(2015年10月より受注開始)。本システムは、太陽光型植物工場というより一般的な施設園芸・鉄骨パイプハウスの改良版に近い形となっている。

 近年、台風襲来の増加や積雪により全国各地でハウスの倒壊が相次ぎ、生産者の経営リスクが高まっています。今回の新製品は、これらの課題を解決するハウスとして、当社従来製品の太陽光と水・風を活用したパッシブハウス型農業システムのコンセプトを継承しつつ、新たに耐候性シリーズ対応品を品ぞろえします。
パナソニック、強風や積雪などの気象災害に強いパッシブハウス型農業システムを発売

ハウス柱脚固定部には独自開発のスタンド固定方式を採用。基礎工事が必要なハウスと比較して、コンクリート基礎工事が不要なパイプハウス構造とすることが可能となり、施工費の削減を実現しています。また、第三者機関(一般社団法人 日本施設園芸協会)による構造診断を受けた、基礎工事が不要なパイプハウス構造においては風速50m/sと積雪荷重50kg/m2の両基準をクリア(※2)。
これにより、お客様の大切な財産であるハウスの倒壊リスクを低減し、農業経営の安定化に貢献します。当社は本製品により、農業生産の盛んな東北および九州地区への販売拡大を図ります。

<特長>
1.コンクリート基礎工事が不要なパイプハウス構造で風速50m/s、積雪荷重50kg/m2を実現(※3)
2.柱脚固定部は当社独自のスタンド固定方式を採用
3.主架構材は特殊な補強鋼材を用いずに、汎用鋼材を最適設計することで低コスト化を実現

パナソニック低コスト耐候性ハウス
一般的に普及している鉄骨補強パイプハウス等の基礎部分や接合部分を、強風や積雪に耐えられるように補強・改良することで十分な強度を確保したハウス。設置コストを鉄骨ハウスの7割程度まで低減したもの。
※2 一般社団法人 日本施設園芸協会による『パナソニック低コスト耐候性ハウス』として構造診断を受けた、「園芸用施設安全構造基準(暫定基準)」等に準拠した商品です。【診委第015-01号】
※3 仕様2の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  2. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  3. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  4. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  5. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  10. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
ページ上部へ戻る