UAEアブダビの最新節水型のトマト植物工場、苗の定植スタート

 UAEアブダビにて、建設が進んでいた太陽光利用型植物工場について、第1フェーズの施設5haが完成し、トマト苗の定植がスタートした。年間で5,000トンの高品質トマトを周年生産し、現地の卸売・小売企業への販売を予定している。

UAEアブダビの最新節水型のトマト植物工場、苗の定植スタート
freshfruitportalより
本プロジェクトは、ドイツのBayWa社と、UAEアブダビを拠点とするAl Dahra Holding社による共同プロジェクト。Al Dahra BayWa社という合弁会社を設立し、総投資額・約40億円(3,000万ユーロ)をかけて、最新の太陽光利用型植物工場を建設し、UAE国内や周辺のGCC諸国への販売を行う。


食品自給率が低いUAEでは、食料安全保障という観点からも、自国内での生産は重要であり、近年は地産地消・高付加価値の野菜・果物の国内需要も高まっている。

今回、稼働した施設は5haだが、近日中に、さらに5haの施設稼働が予定されており、最終的な面積は15ヘクタールを予定。栽培施設は、ICTを活用した環境制御により、省エネを実現。

また、砂漠エリアにて貴重な水資源については究極な節水・リサイクル技術を導入した。潅水にて使用する水は、同様の施設栽培と比較しても60%減を実現できる、という。

UAEアブダビの最新節水型のトマト植物工場、苗の定植スタート
ドイツのBayWa社グループは、農産物のほか、自然エネルギーの発電、建設資材の販売などを手掛ける大手企業。世界最大の農産物商社であり、農作物・農機具の販売も行っている。今回は栽培施設だけだが、将来的には自然エネルギー発電施設と併設した植物工場の建設も視野に入れている、という。


[関連記事]
UAEドバイのレストラン、水耕栽培による畑から食卓までFarm to Tableに挑戦
UAEドバイ初の商業ベース・閉鎖型の植物工場が本格稼働
中東UAE・初めての太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。