オリックス八ヶ岳農園、太陽光利用型植物工場によるサラダほうれん草など「八ヶ岳ブランド野菜」の生産を開始

 オリックス八ヶ岳農園株式会社は、本日完成した長野県諏訪郡富士見町の太陽光利用型植物工場による大規模水耕栽培施設を活用し、葉物野菜の生産を開始する。本施設では、サラダほうれん草、サラダルッコラなど7種類の「サラダ素材(生食用)」を生産する。

八ヶ岳の麓の標高1,100mに立地し、日本有数の日射量と豊富な伏流水を活用した水耕栽培により、栽培期間を短縮させ最大年19回収穫し、合計約430トンの出荷を計画しており、良好な気候条件のもとで1年を通じて「4定(定価格、定品質、定時期、定量)販売」が可能となる。

オリックス八ヶ岳農園、太陽光利用型植物工場によるサラダほうれん草など「八ヶ岳ブランド野菜」の生産を開始

 また本施設は、中央自動車道の諏訪南ICから約6kmに位置し、多くの需要が見込まれる都市圏への輸送にも適している。オリックスグループの営業ネットワークなどを通じて、主に首都圏や中部圏の小売業や飲食業をターゲットに販売を計画している、という。

■事業概要
所在地:長野県諏訪郡富士見町立沢1312他
施設竣工時期:第1期:9月(竣工済)、第2期:2016月6月(予定)
施設面積:第1期:6,700 m2、2期合計:13,400 m2(予定)
栽培方法:水耕養液栽培(農薬不使用)
生産品目:サラダほうれん草、サラダルッコラ、サラダ春菊、サラダクレソン、サラダ小松菜、サラダ水菜、サラダケール など
出荷予定地:関東地方、中部地方 など
事業主:オリックス八ヶ岳農園株式会社
(オリックス株式会社97%、株式会社本多園芸3%)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  2. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  3. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  6. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  7. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  8. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
ページ上部へ戻る