オリックスが太陽光型植物工場による水耕ホウレン草の生産へ。新法人を長野県八ヶ岳高原に設立

 オリックス株式会社と農業生産法人である株式会社本多園芸が共同にて、農業法人「オリックス八ヶ岳農園株式会社」を設立し、長野県諏訪郡富士見町で太陽光利用型植物工場による水耕栽培事業を開始する。新法人では、太陽光利用型の栽培施設を建設し、2015年8月より、サラダほうれん草やルッコラなどの生食用葉物野菜の生産を開始する。

本事業では、水耕栽培により栽培期間を短縮させることで、1年を通じて「4定(定価格、定品質、定時期、定量)販売」が可能となり、年間19回の収穫で、合計約430トンの出荷を計画している。生産した野菜は、オリックスグループの営業ネットワークなどを活用し、主に首都圏や中部圏の小売業や飲食業に販売する予定。

オリックスが太陽光利用型植物工場による水耕ホウレン草の生産へ。新法人を長野県八ヶ岳高原に設立

 本多園芸は、長野県で約30年の業歴を有する農業生産法人で、サラダほうれん草などの葉物野菜を生産し、首都圏および中京圏の百貨店や高級スーパーなどに販売している。これまでに培った生産ノウハウをもとに、オリックスと共同で、事業の大規模化・標準化・機械化を促進し、効率的な生産体制の構築を目指す。

オリックスは、2004年10月から和歌山県和歌山市で生鮮トマトを栽培する太陽光型植物工場(カゴメとの共同出資)を、2014 年3 月から兵庫県養父市でリーフレタスなどの完全人工光型植物工場を運営している。また、2015年3月には富士通株式会社などと共同で、静岡県磐田市においてICT を活用したスマートアグリカルチャー事業の立ち上げ検討で合意したことを発表している。