オリックスが太陽光型植物工場による水耕ホウレン草の生産へ。新法人を長野県八ヶ岳高原に設立

 オリックス株式会社と農業生産法人である株式会社本多園芸が共同にて、農業法人「オリックス八ヶ岳農園株式会社」を設立し、長野県諏訪郡富士見町で太陽光利用型植物工場による水耕栽培事業を開始する。新法人では、太陽光利用型の栽培施設を建設し、2015年8月より、サラダほうれん草やルッコラなどの生食用葉物野菜の生産を開始する。

本事業では、水耕栽培により栽培期間を短縮させることで、1年を通じて「4定(定価格、定品質、定時期、定量)販売」が可能となり、年間19回の収穫で、合計約430トンの出荷を計画している。生産した野菜は、オリックスグループの営業ネットワークなどを活用し、主に首都圏や中部圏の小売業や飲食業に販売する予定。

オリックスが太陽光利用型植物工場による水耕ホウレン草の生産へ。新法人を長野県八ヶ岳高原に設立

 本多園芸は、長野県で約30年の業歴を有する農業生産法人で、サラダほうれん草などの葉物野菜を生産し、首都圏および中京圏の百貨店や高級スーパーなどに販売している。これまでに培った生産ノウハウをもとに、オリックスと共同で、事業の大規模化・標準化・機械化を促進し、効率的な生産体制の構築を目指す。

オリックスは、2004年10月から和歌山県和歌山市で生鮮トマトを栽培する太陽光型植物工場(カゴメとの共同出資)を、2014 年3 月から兵庫県養父市でリーフレタスなどの完全人工光型植物工場を運営している。また、2015年3月には富士通株式会社などと共同で、静岡県磐田市においてICT を活用したスマートアグリカルチャー事業の立ち上げ検討で合意したことを発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  2. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  3. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  6. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  7. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  8. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  9. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  10. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  2. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る