オリックスが太陽光型植物工場による水耕ホウレン草の生産へ。新法人を長野県八ヶ岳高原に設立

 オリックス株式会社と農業生産法人である株式会社本多園芸が共同にて、農業法人「オリックス八ヶ岳農園株式会社」を設立し、長野県諏訪郡富士見町で太陽光利用型植物工場による水耕栽培事業を開始する。新法人では、太陽光利用型の栽培施設を建設し、2015年8月より、サラダほうれん草やルッコラなどの生食用葉物野菜の生産を開始する。

本事業では、水耕栽培により栽培期間を短縮させることで、1年を通じて「4定(定価格、定品質、定時期、定量)販売」が可能となり、年間19回の収穫で、合計約430トンの出荷を計画している。生産した野菜は、オリックスグループの営業ネットワークなどを活用し、主に首都圏や中部圏の小売業や飲食業に販売する予定。

オリックスが太陽光利用型植物工場による水耕ホウレン草の生産へ。新法人を長野県八ヶ岳高原に設立

 本多園芸は、長野県で約30年の業歴を有する農業生産法人で、サラダほうれん草などの葉物野菜を生産し、首都圏および中京圏の百貨店や高級スーパーなどに販売している。これまでに培った生産ノウハウをもとに、オリックスと共同で、事業の大規模化・標準化・機械化を促進し、効率的な生産体制の構築を目指す。

オリックスは、2004年10月から和歌山県和歌山市で生鮮トマトを栽培する太陽光型植物工場(カゴメとの共同出資)を、2014 年3 月から兵庫県養父市でリーフレタスなどの完全人工光型植物工場を運営している。また、2015年3月には富士通株式会社などと共同で、静岡県磐田市においてICT を活用したスマートアグリカルチャー事業の立ち上げ検討で合意したことを発表している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  4. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  5. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  6. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  9. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  10. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  2. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
ページ上部へ戻る