ミラノ万博レポート「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~

 弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施した。今回のテーマは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, Energy for Life)」である。環境破壊、水・食料不足、気候変動等の地球規模の課題を抱える現代社会の現状に対して、各国が関連する技術・文化・将来ビジョンなどを展示していた。

会場規模は110ha、参加国は148カ国、うち52ヵ国が独立したパビリオンを持ち、他の国々はクラスターと呼ばれるテーマごとの9つのグループを構成した形で参加している。各国だけでなく、国連、欧州連合等の国際機関、25箇所で民間企業がパビリオンを展開している。

 今回は万博の規模が大きいため、「食と農業の未来」をテーマに関連するパビリオンや技術(近未来スーパー、環境・エネルギー関連パビリオン、中東エリアを中心とした植物工場・水耕栽培/都市型農業など)について簡単に紹介していく。

ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
今回は藻類関連の取材は実施していないが、都市型農業(食料・エネルギー生産)では野菜や穀物だけでなく藻類の展示も行われていた。写真はイギリスを拠点とするデザイン会社ecologicstudio社のもの。ミラノ万博に関連する記事は以下を参照下さい。

植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
イタリア・ミラノ、世界113都市が都市型フード基本協定に合意。植物工場・都市型農業の必要性も確認
フィレンツェ大の研究機関、北九州学術研究都市に進出。高輝度LED植物工場の研究も

レポートの全ダウンロードページへ ※ 全て無料にてダウンロード可能です